ドラがたり

ドラえもんとのび太の「ホモソー」問題

藤子・F・不二雄先生と『ドラえもん』を誰よりも愛する編集者/ライターの稲田豊史さんによる唯一無二の『ドラがたり』。今回は、禁断のドラえもん・のび太「ホモソー」問題を掘り下げます。「お姫様」はしずかちゃんにあらず……!?(毎週水曜日・土曜日更新)

のびドラ ホモソー問題

 第3章(※「リスクと責任から逃げる『のび太系男子』とは」を参照)では、のび太の欠陥人格は藤子・F・不二雄の独善的な自己肯定の結果であると述べた。ダメでも、残念でも、変わらなくていい。弱さをさらけ出し、無邪気に欲求を表明すれば、いつか誰か(ドラえもん)が助けてくれる。美少女(しずか)をモノにできる。そんな大甘な受け身思考が骨の髄まで染み付いてしまったのが、『ドラえもん』を読み、見て育った30〜40代男性を中心とした「のび太系男子」というわけだ。

 さて、そんなのび太系男子が多感なティーンエイジャー〜大学生だった頃、その後20年以上にもわたってジャパニーズ・サブカルチャーに大きな影響を及ぼすTVアニメが放映された。ご存知『新世紀エヴァンゲリオン』(1995〜96年TV放映)である。

 「大甘な受け身思考」というOSがインストール済みののび太系男子予備軍は、おそらく高確率で『エヴァ』にハマり、「逃げちゃダメだ野郎」こと14歳の主人公・碇シンジに自己を投影した。まるで、のび太に自己投影したFのように。自分の弱さを素直にさらけ出し、女性全般に母性を求め、本能に基づいて甘えるシンジは、言わば精神的成長を経ないまま中学生になった野比のび太。のび太系男子予備軍が親近感を抱くに値するキャラクターだ。

 そのシンジには、自分を救ってくれると確信した精神的パートナーにして、超のつくホモソー的バディが存在する。第17使徒タブリスこと、渚カヲル少年だ。

 「ホモソー」すなわち「ホモソーシャル」とは、俗に「異性愛者の男性同士に発生する強い連帯関係」のことを指す。仲が良すぎて女性が入っていけない男子同士の友情関係、といえば聞こえはいいが、ネット界隈でもよく見かけよう。映画「スター・ウォーズ」シリーズや『ダークナイト』、「ガンダム」や「仮面ライダー」や女性グループアイドルを喜々として語り合う男性たちの間に漂う、「女人禁制」の空気を。彼ら全員の顔には「女には、我々が愛でるコンテンツの素晴らしさを絶対に理解できない」と書いてある。その強い排他性と閉鎖性が、男だけで満たされた空間の快適さに直結しているのは明らかだ。

 『エヴァ』でカヲルはシンジを導き、シンジはカヲルに絶対的な信頼を寄せた。……この構図には既視感がある。そう、シンジにとってのカヲルと、のび太にとってのドラえもんは、立ち位置が酷似しているのだ。のび太にとってドラえもんはもちろん「親友」だが、単なる友情を超えた絶対的な信頼と図抜けた精神的依存が、そこにある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「のび太系男子」のあなたへ贈るマニフェスト。全く新しい『ドラえもん』論!

この連載について

初回を読む
ドラがたり

稲田豊史

世代や国境を超えて読み継がれる『ドラえもん』を、いま私たちは、どのように読み返すことができるのでしょうか? 全世界の「のび太系男子」に贈る人生の教訓から、ひみつ道具に託されたSF(すこし・ふしぎ)なメッセージ分析まで。 藤子・F・不...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith なるほど。そういえばそうかも。  >「自分の弱さを素直にさらけ出し、女性全般に母性を求め、本能に基づいて甘えるシンジは、言わば精神的成長を経ないまま中学生になった野比のび太」  https://t.co/6RUMy2ZOa9 7ヶ月前 replyretweetfavorite

yanvalou 面白い ▼ 7ヶ月前 replyretweetfavorite

p_ahlife なんか突然これだけ読んじゃったんだけど面白いな。うむ、ドラえもんか…。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 明日10時まで無料公開✨ #ドラがたり cakes連載 https://t.co/nQ9dEfk6Oi 禁断の、のびドラ「ホモソー」問題に切り込みます! 7ヶ月前 replyretweetfavorite