ネットなら、最高の授業を10万人に提供できる!

KADOKAWAとドワンゴがつくったネットの高校・N高等学校は、今年の4月で1周年を迎えました。将来的には10万人の生徒数を目指すというN高。そのスケーラビリティは、通信制ならでは。今年度からは通学コースも新設するというN高では、いったいどんなことが学べるのでしょうか。ドワンゴの会長、川上量生さんにうかがいました。前編「生徒数は2000人超。異例づくしのネット高校、開設!」はこちら。(聞き手:加藤貞顕)

生徒数が増えるほど、授業の質を上げられる画期的なモデル

— N高は、事業としてこれから拡大させていくんですか?

川上量生(以下、川上) 生徒数を増やすことは可能ですよね。今年度は願書が去年の2倍くらい来ていて、4月時点で全体の生徒数が3,800人くらいになりました。

— 全員入れるんですか?

川上 ネットの高校なので、ネットで自学自習できる人は基本的に全員入学できます。

— そうか。よく考えたら受験って、校舎の物理的な制限によって生まれてるんですね。学びたいという人は、全員希望の学校で学べるのが理想なのに。

川上 そうです。もちろん、入試で制限しない場合は学力レベルに差が出てくるので、生徒一人ひとりに合わせた指導が必要です。N高は教室でみんなが一斉に授業を受けるわけではなく、それぞれの学力に合わせて勉強を進められるので問題ありません。

— 人数の制限がない、というのは画期的ですね。通信制のメリットをそう捉えたことはなかったです。

川上 生徒数が増えれば増えるほど、増えた収入で授業の質を向上させることができる。いいモデルなんですよ。すでに、大学受験向けや中学復習講座、プログラミングの授業などが受講できるN予備校には、最高の講師陣を集めています。特に大学受験向けの授業は、参考書を出版するようなトップクラスの講師ばかりです。だから、教え方もすごくうまいんですよね。

— 普通の高校って、何人もの教師が全国で同じ話をしているわけですよね。しかも、その教え方にはレベルの差がある。でもネットの授業なら、教える能力が突出している先生が1人いれば、その先生が数万人に対して講義できる。こちらのほうが効率的だし、質も高くなりやすいんですね。

N高の生授業の配信風景。

川上 教育にネットを活用することで、改善できることはいろいろあると思いますよ。それでも、人の手が必要な部分はなくならないんですよね。生徒ひとりひとりを見てあげないといけないですから。卒業のためにはレポート提出が必要で、「今月はレポート出した?」といったフォローを個別でするのには、それなりの人数が必要です。だから、先生の採用も進めています。

ハイレベルな授業を惜しげもなく公開する理由

— 学問を教える講師と、生徒を指導する先生で役割分担をするようになるんですね。N予備校の講義はアプリで受講できると聞きました。それは課外授業扱いということで、有料なんですか?

川上 いえ、無料です。通学系のコースは有料ですが、ネットで受けられる授業は全部無料にしました。あとN予備校の授業は、外部の人でも月額料金を払うと受講が可能です。

— そうなんですか! でも、挙手して答えを見てもらう機能などは、外部の人は使えない?

川上 いえ、質問もできますよ。「なるほど!」ボタンも押せます。

画面下の「なるほどボタン」を押すと、画面上に「なるほど!」の文字が流れる。

— それ、ちょっともったいないのでは……。そんなすごい講師の授業も、独自に開発した機能も全部公開してしまうなんて。

川上 うーん、損得じゃないと思ってるんですよね。そもそもの目的が、「生徒であることを誇りに思えるような学校をつくる」なので、いい授業をやっていることはむしろ外部の人に知ってほしいんです。中に閉じこもってると、どうせ大したことやってないでしょ、と思われてしまう(笑)。

— なるほど。

川上 「N高って、こんなハイレベルな授業を受けられるんだ!」って思われたほうがいいんですよね。「アプリで見られるなら、わざわざN高行かなくてもいいじゃん」と考える子もいるかもしれませんが、このレベルの授業を観たら、一斉におもしろくもない授業を教室で聞いてるのがバカらしくなるんじゃないかな。そうしたらN予備校をきっかけに、N高に編入するという可能性もあると思いますよ。

— それでも、システムを開発するのも、コンテンツをつくるのも相当大変だったわけですよね。

川上 まあ、公開するかどうかという議論は社内でもありましたが、僕は世の中に出したほうがいいと思ったんです。それで、決めました(笑)。あと、生徒数が増えて収益が上がると、職業体験などの企画や、学生が参加するイベントを充実させることもできる。昨年は酪農に刀鍛冶、マタギ、僧侶、イカ釣り漁船員など、さまざまな職業体験プログラムを実施しました。これも、交通費以外は無料です。


応募者多数で大人気だったという山口県長門市のイカ釣り漁業体験。

— そうなんですか! 受け入れにお金はかからないんですか?

川上 地方自治体と共同で運営しています。後継者不足のところに若者がきてくれるかどうかは重要な問題ですから。

— それにしても、企画を考えるのが大変そう……。

川上 そう、そこは人件費がかかってます(笑)。社外のコーディネーターに丸投げせず、社内でN高のためのチームを組んでやっているので。でもまあ、生徒にいい体験をしてもらえればそれに越したことはないなと。アンケートでも、人生観が変わった、将来目指す職業が決まったと書いている生徒がたくさんいるので、今のところうまくいっています。

当事者の方が、真剣に考えている

— 今年度からは、また新しいことをやるのでしょうか。

川上 通学コースをつくります。4月開校で、代々木と心斎橋に校舎を構えました。特に代々木キャンパスは希望者が多くて、枠はあっという間に埋まり、すぐに増床しましたね。

— やっぱり通信制を志望しても、いわゆる学校生活を送りたい生徒は多いんですね。

川上 そうみたいですね。通学コースでは、プログラミングや受験勉強、語学学習など自由に自分が学びたいと思うことを学べます。

— 選択できるんですね。そして、受講する授業で料金が決まる。合理的ですね。

川上 本人にとってほんとうに必要なものだけ勉強できればいいと思っています。

— 語学学習は、英語ですか?

川上 中国語のコースもあります。

— おお、中国語ですか。以前、「プロフェッショナル仕事の流儀」で川上さんが「N高で中国語を教えよう」、と言ったときに、まわりが難色を示して、需要がそんなにないという調査結果をもってきた、というシーンがありましたよね。

川上 でも、生徒・保護者へのアンケートをとると、中国語に対する関心は高いんですよ。世間よりも、子ども自身や子どもの将来を考えている親のほうが、時代の移り変わりへの感度が高いんです。アンケートでは、大学受験よりもプログラミングを勉強したい/勉強させたい、という結果も出ました。

— すごい。先見性がありますね。

川上 当事者の方が、真剣に考えているんです。また、このまだ設立1年の段階でN高を選んだという子ども、そしてその親はやっぱり先が見えている人たちが多いのだと思います。

— 中国語は、川上さん自身が必要だと思って「やろう」と言ったんですか?

川上 N高で学べるものの特徴として、「社会に出た時の武器になる」というテーマがあるんですよ。なので、プログラミングはやろうと思ってました。ドワンゴはIT企業ですしね。もう一つは英語、と考えていたんですけど、英語に力を入れているところはほかにもある。そこで、僕らが今からやるとしたら中国語だ、と考えたんです。

— 中国語とプログラミングができる子、これからの社会で活躍するでしょうね。

川上 そうですね、実際に卒業生が活躍することで、世の中に対する説得力が出てくると思っています。今でも、すごく優秀なプログラマが育ってきているので、N高卒業生の活躍を耳にするようになるのも、そう遠くはないかなと思っています。

— 将来的に生徒数は何人くらいを目指すんですか?

川上 10万人くらいはいけると思っています。全国の中学生の1クラスに1人は、N高に行く。それくらいだと、3学年で10万人になるんですよ。

— そこまで増えたら、日本の教育が大きく変わりそうですね。本日はどうもありがとうございました。

構成:崎谷実穂


N高設立の軌跡を追った『ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命』は好評発売中!

この連載について

初回を読む
ドワンゴ川上会長、1年たって「N高」どうですか?

川上量生

今年の4月で開校1周年を迎えた、N高等学校。cakesでは、N高設立の詳細発表があった日に、KADOKAWAの角川歴彦会長と、ドワンゴの川上量生会長の対談を掲載しました。それから1年半、N高設立の軌跡を追った『ネットの高校、はじめまし...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

n_nakakuki 我らが川上会長がN予備校について語ってくれています❤ 皆様ぜひご一読ください!! 一か所だけ修正すると、写真の風景はN高校の生授業ではなく、N予備校の生授業です。 https://t.co/VcmBQNivvy 5日前 replyretweetfavorite

AnitaMars8 N高についての川上さんのインタビュー、後編です。N予備校の授業をアプリで受けるの、新しい体験でした。目の前には誰もいないのに、皆で授業を受けてる感じ。先生ともやりとりできる 5日前 replyretweetfavorite

yaiask N高についての川上さんのインタビュー、後編です。N予備校の授業をアプリで受けるの、新しい体験でした。目の前には誰もいないのに、皆で授業を受けてる感じ。先生ともやりとりできる 5日前 replyretweetfavorite

izaken77 生徒数が増えれば増えるほど、増えた収入で授業の質を向上させることができる。/これ、他の会員ビジネスでも同じ事が言えるね 6日前 replyretweetfavorite