生徒数は2000人超。異例づくしのネット高校、開設!

今年の4月で開校1周年を迎えた、N高等学校。cakesでは、N高設立の詳細発表があった日に、KADOKAWAの角川歴彦会長と、ドワンゴの川上量生会長の対談を掲載しました。それから1年半、N高設立の軌跡を追った『ネットの高校、はじめました。新設校「N高」の教育革命』という本が出版されます。それを記念して、どんな生徒が集まったのか、「ネットの高校」としての試みは成功したのか、改めて川上さんにお話をうかがいました。(聞き手:加藤貞顕)

初年度から2,000人を超える生徒が集まった

 昨年10月、角川会長となぜN高をつくるのか、というお話をしていただきました。そして、2016年4月にN高が開校し、そこから約1年が経ちましたね。

川上量生(以下、川上) はい、無事開校できてよかったです。高校をつくると決めてから1年半で一気に準備をしたんですよ。新しい学校を設置します、という申請書を出したのが、2015年の3月。そして、正式に認可が降りたのは開校直前の2016年3月でした。

— それはすごい……。

川上 2015年の9月に学校設置計画の妥当性が認められたので、そこから学生や教員の募集を始めたんです。それでも、開校時点で、1482人の生徒が集まった。2016年度は、途中から入学してきた人も含めて、全部で2257人の生徒が集まりました。

— それって、初年度としてはすごく多いんじゃないですか? だって、それまで誰にも知られてない学校だったわけですよね。

川上 僕らは、ウェブビジネスの規模と比較してそんなに多いと思っていなかったんですけど、教育関係の人に聞くとものすごい数みたいですね(笑)。いろいろな人に、異例のことだと言われました。

— N高のことを何から知って応募してくるのでしょうか。やっぱり、ニコニコ動画の会社だから、とか?

川上 いや、ニコニコ動画や生放送のことを知ってる子は多いですけど、N高を知るきっかけがニコニコだという人は、高校1年として入ってきた人のアンケートで16.2%だそうです。

— 意外と少ないですね! では皆さん、テレビやウェブメディアなど、別のところから知って集まってきているんですね。

川上 この1年で、友達から、親から、そして学校の先生に紹介されたという回答が増えました。最初、学校の先生から、というのはゼロに近かったんですよ。それが今は、約25%が先生からの紹介です。

— なぜこの1年で風向きが変わったのでしょうか。

川上 それは僕たち、ものすごく真剣にやってますからね。生徒やメディアから、N高の評判を聞く機会が増えたのではないでしょうか。活動実績が増えると、やっぱり学校の先生からの認知も上がります。

これまでの生徒とN高の生徒が違う点

— N高にはどんな生徒が集まっているんですか?

川上 不登校であった子もそれなりに多いです。でも、想定していたような不登校の子とは違うんですよね。僕らの世代だと、不登校って人と関わらずに自室に引きこもっている、みたいなイメージだったんですけど、N高に来る子はそうじゃない。なかにはそういう子もいますが、大多数は普通の子です。

— 僕も不登校というと、引きこもりっぽいイメージを持っていました。

川上 N高の設立メンバーには、通信制高校に長らく関わっていた人がいます。その人に聞いたところ、既存の通信制高校の生徒と、N高の生徒はずいぶん違うそうなんです。そのひとつは、明るくて、コミュニケーションが好きな子たちが来ているということ。

— それって、もともとコミュニケーション能力が高い子が来ているのか、N高がコミュニケーションを促進するような仕組みを用意しているからそうなっているのか、どちらなのでしょう。

川上 僕らとしては、「仕組みがあるからです」と言いたいけれど、それは正直わからないですね(笑)。おそらく、両方の要因が組み合わさっていると思います。集まった生徒のコミュ力がそもそも高い、ということももちろんある。それにプラスして、僕らがN高自体を楽しくして、友達ができるように努力していることも影響しているはず。通信制高校はこれまで、生徒がコミュニケーションする場をあまり与えていなかったんだと思いますよ。スクーリングなどの登校も、高校卒業資格をとるのに必要だから仕方なく行くけど、コミュニケーションを目的としていない。

— 『ネットの高校、はじめました。』でも紹介されていますが、N高では普段からSlack(スラック)というSNSツールで生徒同士、生徒と教員がコミュニケーションをとっていると。ちゃんとクラスもあって、ホームルームをネット上でやっている。まったく知らない子にスクーリングで初めて会うのではなく、普段からチャットとかしている子に会えるんだから、仲良くなりやすいですよね。

Slackでのホームルームの様子。

川上 通信制高校は、高校卒業資格を取ることが目標で、友達をつくらせようという意識がない学校が多かったんじゃないでしょうか。でも僕としては「友達ができる学校にする」ということを、最初から目標としてもっていたんです。

「全員を救おうとするのはやめよう、と思っていた」

— どうしてそれを目標としていたんですか?

川上 そもそもN高の企画が始まる初期段階で、「不登校の子たちが心から行きたいと思える学校がない」ということが問題意識としてあったんです。だったら僕らが、第一志望として「行きたい!」と思えて、通っていることを誇りに思える学校をつくろう。そういうところから、始まっているんですよね。生徒であることが誇りに思える高校をイメージした時に、友達ができるっていうのは当たり前だと思ったんですよ。

— たしかに友達ができる場所であることは、学校の大事な役割ですよね。でも、N高生は毎日校舎に通うわけではないから、ネットで友達ができるような仕組みをいろいろつくった、と。

川上 僕自身は、パソコン通信時代からネットでコミュニケーションをとってきた人間だから、ネットで友達ができるっていうのは当たり前の感覚だったんです。でも、パソコン通信でもネットでも友達ができる人とできない人がいるんですよね。でも、それはそれでいいと思ってたんです。

— N高生で、ネットで友達ができない子がいてもいいんですか? そこをまた違う仕組みで解決するとか……。

川上 いやいや、そういう人もいていいんですよ。僕のなかのコミュニティ観は、新しいコミュニティができれば、そこに居場所ができる人と、そうでない人がかならず出てくる、というものなんです。コミュニティの数だけ、救われる人間とそこから排除される人間ができる。まあ、全員を救うことに挑戦するのもいいと思いますが、それって本当に難しいことなんですよね。だから僕は最初から、全員を救おうとするのはやめよう、と思っていました。そうすると、話がおかしくなるので。

— なるほど。

川上 今回はN高というまったく新しいコミュニティをつくったので、そこで一定数の人は救われたと思うんです。それだけでも、十分社会的な意味があると僕は考えています。しかも今は生まれたときからネット環境がある、という子どもたちばかりなので、救われる人数のほうが多かったはずです。

通信制高校の代替ではなく、新しい「ネットの高校」に

— たしかに、そうですよね。ほかに、N高生ならではの特徴というのはあるんですか?

川上 他の通信制高校より、偏差値の高い中学、高校で不登校になった子が多く来ています。たぶん、そういう学力の高い不登校生の受け皿がこれまでなかったんだと思うんです。

— いままではそういう子は、自力で勉強して高卒認定試験を受けて、大学に行っていたのかもしれませんね。

川上 そして、それに関係しているのかはわかりませんが、保護者の年収も高いんですよ。高校って、年収約910万円未満の世帯の生徒に対して、国が就学支援金を支給する制度があるんです。その制度にあてはまらない生徒が約25%もいます。

— 4分の1の世帯が年収910万円以上! たしか東京大学って、保護者の年収平均が高いですよね。だから偏差値との関係もありそう。

川上 要するに、既存の通信制高校の代替ではなく、その枠を超えている生徒が集まっているということなのだと思います。そもそも僕らは、通信制高校をつくったつもりはありません。新しい「ネットの高校」をつくったんです。そしてそれは、未来の理想の学校なんですよ。今後の情報環境を考えたら、そうなりますよね。未来の理想の学校って、いま通常の学校生活からはじき出されている人にとって通いやすい学校なんです。

— たしかにそうかもしれません。

川上 昔だったら、ずっとパソコンにかじりついてプログラミングやってる、なんて人は社会の落伍者だった。でも、世の中自体がどんどんIT化されていったとき、その人は圧倒的な強者になる。今起こっているのは、そういう価値観の変化なんですよね。N高では、「未来のエリート」といった言い方をしますが、いまの学校教育で敗者とされている人でも……いや、そういう人こそエリートに逆転できると思っていて。そのために、N高ではプログラミングや創作技術など、これからの社会で必要となる教養やスキルを身につけられる学校にしようと思っています。

1年で企業で働けるレベルになれる、プログラミング授業

— この1年間で、これはN高の教育の成果だと言えるようなものは何かありましたか。

川上 受験コースは、来年は、東大、京大、慶應義塾、早稲田レベルの合格者が何人か出ると思います。プログラミング授業では、ドワンゴの正社員として雇いたいレベルに達している生徒がすでに出てきていますね。

— ええ! 高校生の時点で?

川上 そう。しかもプログラミング歴なしで1年間勉強した結果、です。いっそN高を中退してもらって、今すぐにでも社員になってほしいくらいのレベルです。でも本人がN高を卒業したいと言っているので、その意志は尊重しようと(笑)。

— それはそうですね(笑)。でも高校卒業したら、すぐドワンゴに入るんですか。

川上 卒業したらドワンゴで働きたい、と言ってくれています。僕は大学に進学して、ちゃんと勉強するのもいいと思っていますけどね。もちろんドワンゴに入りたいというのであれば歓迎しますが、本人の意志次第です。あと、部活動では将棋部が強豪の灘高将棋部に団体戦で勝利しました。やっぱり、顧問がプロ棋士の阿部光瑠先生で、ネットの対局場で毎週指導してもらっていたのがよかったみたいです。


2016年11月27日に行われた(
「第1回 将棋N×N戦(灘高vsN高 団体戦)」)

— 阿部光瑠六段みたいに強い人が毎週教えてくれたら、すごくいいですよね。しかもネットだったら東京に住んでいなくても指導が受けられる。

川上 サッカー部も、「ウイニングイレブン」をサッカー元日本代表の秋田豊さんが教えてくれるんですけど、やっぱりすごく強くなったんですよ。レーティングが全国3位まで上がった子もいます。実際のサッカーの知識も教えてもらえるのがいいんでしょうね。

— おもしろいですねえ。遠足もネットでやってるんですよね?

川上 そう、オンラインRPGの「ドラゴンクエストⅩ」のなかを、アバターを使って冒険するのがN高の遠足です(笑)。これも、参加者の満足度は非常に高い。この1年で、ネットでも学校生活が十分楽しめる、ということを証明できたと思っています。


ネット遠足の様子。生徒たちが操作するキャラクターは、スクウェア・エニックスが用意したN高の制服を模したアイテムを着用。

後編「ネットなら、最高の授業を10万人に提供できる!」は、4/20公開予定

構成:崎谷実穂


N高設立の軌跡を追った『ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命』は4月14日発売!

この連載について

ドワンゴ川上会長、1年たって「N高」どうですか?

川上量生

今年の4月で開校1周年を迎えた、N高等学校。cakesでは、N高設立の詳細発表があった日に、KADOKAWAの角川歴彦会長と、ドワンゴの川上量生会長の対談を掲載しました。それから1年半、N高設立の軌跡を追った『ネットの高校、はじめまし...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Heehoo_kun これはネットでは馬鹿にする人多かったけど、学校経営としては大成功なんだよな https://t.co/uEuBcZiXon 1年以上前 replyretweetfavorite

Axel_Nico ワイN高生、将来に絶望する… https://t.co/mn8qAzV5zK 川上会長は、友達のできる学校を目指すけど、「僕は最初から、全員を救おうとするのはやめよう、と思っていました。そうすると、話がおかしくなるので」と。 https://t.co/OeXfXPuU7M 約2年前 replyretweetfavorite

hanakamiking ドラゴンクエストでネット遠足って凄いな 約2年前 replyretweetfavorite

philosophy_aqua ネットの高校、面白いね!(カリキュラムが良いかは知らんけど) ネットコースなら3年間で学費30万円。公立高校の半分くらいの値段。きっと今後、こうして高い授業料払わなくても「授業」は受けれるようになる。 https://t.co/hmI2Owr332 約2年前 replyretweetfavorite