錬金

名選手は名監督にあらず

PC業界に世界的革命を巻き起こした西島和彦が表舞台から追放された――。なぜ彼はマクロソフトの副社長の座から転落したのか。そして富と名声を失った彼はいまどこでなにをしているのか。俺はかつて西島とともに奮闘した起業仲間のもとを訪ね、消息を探ることにした。彼らの証言は意外なものだったけど、西島らしいと言えば実に西島らしいのだった。
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!話題沸騰の書籍『錬金』を特別掲載いたします。

恩知らず

 2017年の段階で、西島たちのその後の足取りと、現在の消息がわかった。ネットにも詳しく載っていた。堀井の計画に則った新しい歴史で、時間軸はひとまず安定したのだろう。

 俺がまず訪ねたのは、都内のS区にある東明大学だった。

 創立50年、経営者や政治家など優秀な人材を輩出した名門校だ。

 講義棟の上階に、教授室が並んでいる。一番奥の角部屋を訪ねた。

「古畑徹」の札が掛かっていた。

 ノックして入ると、60歳になった古畑が、笑顔で出迎えてくれた。

「優作さん!! いやあ懐かしい! 連絡もらったときは、びっくりしましたよ。ぜんぜん変わってないですね!」

「古畑さんは、いいオジさんになりましたね」

 髪は白髪、眉も半分は白い。目尻には数えきれないほど、初老のシワが刻まれている。

 グレーの教師スーツと、老眼鏡がよく似合っていた。青年時代はげっそりと痩せていたが、適度に腹にも顔にも肉がついている。いかにも大学教授という風体だ。

「でも本当……優作さん、変わらなすぎじゃないですか? どう見ても30歳ぐらいにしか見えませんよ。30年ぶりですよね?」

 しまった、白髪のメッシュぐらい入れてくればよかったか。

 俺は適当に「うちは家系的に若作りなんですよ。実際は、いい歳ですよ」とごまかした。

 古畑は「どうぞ」と、俺をイスに座らせた。

 見回すと本棚いっぱいにコンピューター関連の書籍が詰まっている。パソコンは最新モデルが5台も並んでいた。

 古畑はマクロソフトの社長を数年前に退いた。そして東明大学に招かれ、プログラムやコンピューターサイエンスの学部で、教鞭を執っているという。

 学者肌だった古畑には、適職だと思った。

「いやー、それにしても何から話しましょうか。話したいことは、いっぱいありますよ」

「とりあえず、昔の思い出からで」

 俺と古畑は、秋葉原のジョイント・インターナショナルで過ごした青春時代を、思い出しながら語った。俺にとっては、ついこの間の話だ。けれど古畑にとっては四半世紀以上も前の、若い日の記憶の風景だ。

 目を細めながら、ずっと笑って語っている。

 その話の中心にいるのは、やっぱり西島だった。

 古畑は、ふっと寂しそうに言った。

「あの頃は本当に、楽しかったなぁ。西島さんに付きあわされて、振り回されて、迷惑かけられて……ムカつくこともあったけど、あんなに面白くて刺激的な思い出をくれた人は、他にいないです。

 あの頃、雑誌の取材などでよく西島さんはどんな人? と聞かれました。僕はこう答えました。『他人に、雲の上を歩けと言っても許される人は3種類います。1番目は幼児、2番目は詩人。3番目が西島さんです』とね。雲の上を歩いて、落っこちたら『信心が足りんのや!』って怒る。そういう無茶苦茶が、なぜか許される人でした。

 わがままで、根拠のないパワーに満ちていて、周りに愛されまくった。マンガの主人公みたいな、バイタリティの塊でした。ビンセントも言ってました。『こんなに僕そっくりの人間が、アジアにいるなんて信じられない』『僕とニックは生まれる前は、双子だった』ってね」

 万感の思いをこめて語る古畑に、俺は少し複雑な気持ちになった。

「……西島さんとは、連絡をとっているんですか」

 古畑は、ぐっと唇を結んで首を横に振った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金 (文芸書)

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shudaka 読んでると勝手に実名に変換されるな 2年以上前 replyretweetfavorite

sapporo255 https://t.co/de3epwHHnD 西島和彦ってちょっとあからさますぎじゃない。。。。?? 彼ってそういう人だったのかなぁ。 結構、好きだったけど。 2年以上前 replyretweetfavorite