俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

特別編 俺のサウナ】サウナで蒸されたそのあとは、水風呂代わりに深雪へダイブ!

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 サウナは、エロい。サウナ室の高揚感、水風呂の朦朧感、それらを休憩を挟んで繰り返すことで得られる恍惚感。その先に約束された極上の睡眠。非日常的で刺激的、これをエロいと言わず何と言う。こんにちは、ワルメガネです。


 37歳。“サウナ年”である私は3月7日のサウナの日、一生に一度のアニバーサリーをある場所で過ごすべく、北海道へ飛んだ。プロサウナーたちの間でも「思い出に残るサウナ」として有名な、北海道の「白銀荘」である。

 旭川空港から上富良野駅に移動し、そこからバス(一日3本)に乗り換えて向かうのが最短コース。雪深い山道を揺られること20分。十勝岳連峰の中腹、標高1000m。白銀荘は文字通り、シンと静まる“白銀の世界”の中にあった。

 源泉100%の天然温泉を目当てに訪れる地元客や湯治客が多く、夏は登山客、冬はスキー客にも親しまれる保養施設。「サウナが売り」ではないのに、なぜサウナー界隈で知られるようになったか。それは「雪にダイブできる」からだ。

雪へ飛び込むこと、それは己との戦い

サウナと水風呂を3セット、“無敵状態”になってから深雪へダイブ。想像以上にイタ冷たくて、もう笑うしかなかった。刺激重視のハードサウナー向けとしてオススメしたい

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード