飲んでみ?」元同級生と鍋パでまわし飲みした夜

「やれたかもは、偽りの中でこそ美しく咲く」――今回の「やれたかも」は30年間、童貞であることを隠し続けてきた照澤のお話です。6年前、人間関係の悪化から無職になってしまい、ふらふらと友人に誘われて参加した高校の同窓会。そこで再会したのは、一度だけ隣の席になったことがある女の子でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ta3026 いちいちオモロい。 https://t.co/l3wc75vWzm #やれたかも委員会 19日前 replyretweetfavorite

matsumura 安定の。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ardithmills63 https://t.co/htjG5tqA5L 4ヶ月前 replyretweetfavorite

nemo_nemo 絶妙なところで有料会員に誘導してくる!このシリーズほんと好き→ 4ヶ月前 replyretweetfavorite