第14回】店員の配置換えで売り上げ急増 日立が開発した驚きの「顕微鏡」

日立製作所は昨年10月、人の行動データとPOSデータなどの業績データを組み合わせることで、業績改善の要因を見つけ出すデータ解析技術を開発。実証実験では驚きの結果を出している。

 「小売店には、そこに店員を置くだけで売り上げが劇的に上がる場所がある」──。経験則だけでは決してわからない「売り上げアップの法則」を見つけたのは、日立製作所が開発したビッグデータの解析技術だった。

 日立は2007年、名刺型センサー(写真)を用いた行動計測システム「ビジネス顕微鏡」を開発した。この名刺大の機械には赤外線センサーと加速度センサーが付いている。これを首からぶら下げているだけで、店内に設置された固定式センサーがその動きを検知し、「どこで誰と何時間会っていたか」や「どれだけ活発に動いたか」が計測できる。

赤外線センサーと加速度センサーが付いた名刺型の機器。これを首からぶら下げて行動データを収集する

 これまでに人間の行動を延べ100万日にわたって計測し、集まったデータは実に10兆個。まさにビッグデータだ。このノウハウを用いて、日立と日立ハイテクノロジーズは昨年10月、行動データとPOSデータなどから、企業の業績向上策を発見するデータ解析技術を開発した。

 冒頭の解析結果が判明したのは昨夏の実証実験においてだった。

 あるホームセンターの従業員と約300人の客の協力を得て、10日間の調査を行った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
売れる仕組み 集客の秘密【2】~“個客”を知り尽くせ

週刊ダイヤモンド

「われわれの事業を知るための第一歩は、顧客は誰かという問いを発することである。次に、顧客はどこにいるか、顧客はいかに買うか、顧客にいかに到達するかを問うことである」と、ピーター・F・ドラッカーは『現代の経営』の中で説いた。インターネッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません