屈託のない君に、僕はドギマギしっぱなしだ

あなたには、気になる女の子はいませんか? この連載では、読者のみなさんから募集した「気になるあの娘」を、代わりに写真家の青山裕企さんが撮影しにいきます。今回は、高校生のときに出会って以来20年、「人生で出会った美しい女性のトップファイブ」に入り続けている女性を撮影してほしい、という読者さんからのリクエストにお答えしました。

出会いから20年、彼女はより美しくなった

「人生で出会った美しい女性のトップファイブ」を考えたとき、37年の人生で常にリストに存在しているのが、高校生の時に出会った生井理恵さんだ。出会いはもう20年も前のことになるけれど、一目惚れとかそんなんじゃなくて、というかそんなことを想像するにも至らないくらい、とにかく美しい人がそこに存在していた。住んでいる場所が近かったとか、そんな薄い共通点を話しても大して盛り上げられず、横目でちらちら見るのが精一杯だった。

 再会したのは4年前。高校生時分遊んでいた友人たちで行われた飲み会の席だった。生井さんは野菜ソムリエになったという。「野菜ソムリエなんです」という言葉に屈託がない。どう反応していいかわからず「すごいですね。世界で二番目におしゃれなお仕事ですね」と答えた。生井さんは「じゃあ一番はなんですか?」と笑いながら聞いてきた。僕が苦し紛れに「……ソムリエです」と答えると、やっぱり生井さんは屈託なく笑ってくれた。

 今回撮影に立ち会わせてもらい、4年ぶりにまた生井さんと再会した。結婚して、お子さんも二人生まれ、旦那様と4人幸せに暮らしているという。以前、旦那様に「だれのお陰で飯食えてるんだ!」って言われたそうだ。今どきあまり褒められたセリフではないけれど、仕事やら何やらで疲れて出てしまったのかもしれない。しかしそれに対して生井さんは「だれが飯にしてやってると思ってるんだ!」と答えた。屈託がない。それで旦那様はなにも言えなくなってしまったそうだ。

 トップファイブを考えてしまうような人間は、まずロクなもんじゃない。そんなロクでもない僕が考えた美しい人トップファイブは、感情や思い入れを抜きにして外見のみで考えたと断言できる。けれど、この生井さんの屈託の無さが、彼女の美しさを際立たせているんじゃないかと思った。20年経っても僕は世を拗ねて生きていたのに、20年経っても屈託がない生井さんはより美しくなっていた。僕もこの美しい生き方を見習いたいと初めて思えた。

<次回は2日後、4月7日(金)更新予定>


今回のモデル、生井理恵さんの著書はこちら


ママとキッズの楽しい"ベジ活"

食べてキレイになる食材を使った料理教室も開催中
(ご興味がある方は、info@eating-for-beautyまでお問い合わせください)


「気になるあの娘」モデル大募集!

本連載のために、あなたが気になる魅力的な女性を教えてください! 写真家・青山裕企さんが撮影してくださいます。以下の「応募要項」に沿ってご応募ください。


応募要項

「同じサークルのあの子が気になります」「会社にすごく美人なひとがいるんです」「行きつけのカフェの店員さんがかわいいんです!」など、あなたが気になっている女性を教えてください。

年齢、地域の制限はありません。

どうして彼女を撮ってほしいのかという推薦文と、その女性のお名前、出会った場所、お写真などをお送りください。

まだ知り合いじゃない、などの理由で、写真がない場合でも応募は可能です。その場合は、より一層”熱い”推薦文をいただければ幸いです。

想いがこもったご応募を、お待ちしております!

ご応募いただいた内容を見て、これは、と思った場合は、まずはcakes編集部からあなたにご連絡をさしあげます。その後、編集部と青山裕企さんが先方と出演交渉をいたします。

以下の「必要事項」をご記入の上、下記の宛先までご応募ください。


必要事項(※は必須項目)

■応募者情報

1)氏名
2)連絡先(メールアドレス、電話番号)

■「気になるあの娘」情報

3)氏名
(略称可 ※お店のネームプレートの名前しかわからない場合など)
4)お知り合いですか?(はい・いいえ)
5)連絡先(お知り合いの場合)
6)出会った場所(勤務店、勤務日程の目安など。こちらを参考に、交渉に向かいます)
7)お写真
8)推薦文(文字数制限なし。審査通過された場合、この推薦文を記事に掲載させていただく可能性がございます)

■応募先

件名を「気になるあの娘・モデル募集」にして、support@cakes.muあてにメールをお送りください。

この連載について

初回を読む
気になるあの娘

青山裕企

気になる女の子はいませんか? たとえば、昨日見かけたカフェの店員さん。恥ずかしくて話しかけられないけれど、あの娘の笑った顔がもっと見たい……。そんなあなたの願いを、写真家の青山裕企さんが叶えてくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません