女がいない方が男同士はうまくいく!?—戦国時代と現代の共通点

黒澤はゆまさんのコラム「なぜ闘う男は少年が好きなのか」の書籍化を記念して、人気急上昇中の歴史好き芸人・房野史典さん(ブロードキャスト!!)との対談を行います。今回は、房野さんのご専門である戦国時代の男色を中心に、歴史を変えた武将と美少年の恋の数々をご紹介します。

女がいないほうが「男同士がうまくいく」のは、現代も同じ!?

房野史典さん(以下、房野) 黒澤さんの『なぜ闘う男は少年が好きなのか』、読ませていただきましたが……すっごいインパクトでした!

黒澤はゆまさん(以下、黒澤) ありがとうございます。

房野 僕も『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』という本を出していて、戦国時代の男色については少し知っていたんですけど、日本だけでなく、古代ギリシャからローマ、中国……と、全世界で行われていたのか!と驚きました。

黒澤 強い男ほど、男色を好む傾向は強かったようですね。そのため、男色が全人類共通の普遍的な文化だったというスタンスで、このコラムを始めました。古今東西、あらゆる男色を調べていくと、ゴリラの話にまで突き当たって……。

房野 そうそう、ゴリラの話(笑)! 僕、あのコラムは結構笑いました。

黒澤 ある大学教授が観察したところによると、家族しか作らないゴリラが、例外的に6匹で集団を作って、それが何年も仲良く続いた。オス5匹、メス1匹だと思っていたら、実は6匹とも全部オスだったという話ですよね。

房野 いや~、そこ、現代でも共通ですよね。女性が入っていない男性の団体のほうが長続きするという(笑)

黒澤 分かります。男子校のほうが安定するみたいな(笑)

房野 男女のあれこれが入った途端に波乱を呼びますもんね。

黒澤 そういう波乱がない分、男同士だと結束が固くなる。房野さんがご著書で熱く語っておられた戦国時代、武将と家臣団を強く結びつけていたのは、男色から生まれた絆があってこそじゃないかと思います。

黒澤さんの話に聞き入る房野さん。

殿様との関係を自慢する家臣たち

房野 武田信玄が美少年にラブレターを送った話は有名ですが、戦国時代で一番すごかった人は、誰なんですか。

黒澤 どうなんでしょう。こういうベッドのことって隠しておくものですから、真実は分かりませんよね。ただ、伊達政宗だけは、その記録が残りまくっています(笑)相手との誓いで腕を斬ったり、股を突いたりと、体中傷だらけだったそうです。

房野 大阪夏の陣のときの、伊達政宗と家臣・片倉重長のエピソードには、一番笑いました。政宗が、「ぜひ僕を先鋒にしてください」とお願いしてきた重長を抱き寄せてキスして、「おまえ以外、誰を先鋒にするというのか。するに決まってるじゃないか」と(笑)

黒澤 このエピソードは、片倉家代々の記録『片倉代々記』に書かれているんですが、これはやっぱりもう片倉家としては自慢したいんですよね。殿様にキスされたんだぞ、すごいだろうって(笑)

房野 そういえば、織田信長が家臣を集めて、ひとりずつ手柄を褒め称えていった中で、前田利家に対しては「おまえが、ちっちゃい頃、本当によく抱いたな」と言って、みんなそれを羨ましがったというエピソードもありますよね。

黒澤 それも前田家の言行録『亜相公御夜話』に、しっかり自慢げに書かれています。

房野 栄光なんですよね。全部、そんなニュアンスで書かれてんだな。

黒澤 信憑性が高いと言われる『甲陽軍鑑』には、今年の大河ドラマ『おんな城主・直虎』に登場する井伊直政も、徳川家康と関係があったんじゃないかと書かれています。

房野 徳川四天王の中でも、直政は一番若いですもんね。

黒澤 これだけの名将たちが男色を体験していたということは—なかには犯罪スレスレみたいなこともあったりしたでしょうけど—やっぱり、単にセクシュアルな面だけでなくて、お互いを尊敬し合える仲だったのだと思います。

房野 強い軍団を作るために必要なことだと思うと、めっちゃ納得いきました。そういう関係があると裏切らないというか。

黒澤 世界史の話になりますけど、マケドニアのアレクサンドロス大王は、男同士の愛人でペアを組ませて、250組の重装歩兵の軍隊を作ったんですけど、これは本当にもう強かったらしい。

房野 重装歩兵の愛人(笑)

黒澤 隣のパートナーを楯で守るためには、自分は絶対逃げたらいけない。

房野 確かに僕も、好きなやつじゃないとそこまでやらない(笑) 友情とか信頼とかが強くなったら、いきつく気がするもんな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ。

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

yuko88551 〔コラム〕 2年以上前 replyretweetfavorite

yuko88551 〔コラム〕 2年以上前 replyretweetfavorite

niwa_saka @tos あとでよむ 2年以上前 replyretweetfavorite

sabochin これ面白かった 殿に抱かれた話とかキスされた話をわざわざ家の記録に残して代々継いで行くの面白すぎ 2年以上前 replyretweetfavorite