女心は掴むモノではなく、引き寄せるモノ

小豆島で途方に暮れていた百鳥ユウカさんのもとに一本の電話。それは池崎からの電話だった。ユウカさんはいくら相手が池崎であっても、素直に「来てほしい」とは言えない。揺れ動く乙女心は常につかみどころがない。だから、池崎はつかむのではなく、乙女心を引き寄せるやり方を選択した。

(どうする? 出る?)

池崎からの電話だ。めったに電話をかけてくることのないあいつからの電話。これまで毎日のようにラインをしていたけれど、ここ2、3日はあいつはダム建設現場に視察だとか言って、連絡は滞りがちになっていた。電波が届かないところにいたらしい。

「……池崎ぃ」

プルルルプルルル……

どうする、いま起きてることを正直に話す? 池崎なら助けてくれる? いやでも……。池崎のコール音は続いている。

プルルルプルルル……

出る前に呼吸を整える。いまの心境のまま電話で懐かしい声を聞いてしまうと、泣き出しそうだ。池崎にそんな弱い私を見せるわけにはいかない。

よしっ! 普通に出よう。

そおっと、通話ボタンをスライドさせようとすると、パッと光が消えてホーム画面に戻った。池崎は諦めて切断したみたいだ。

「!!」

(おいっ〜池崎! 待って。いまのコール5回くらいじゃない? あいつ諦めるの早すぎでしょう)

さっきまで出ようかどうか迷っていたことはさて置き、ユウカは今度は迷いなく着信履歴からリダイヤルした。ガチャ。池崎はワンコールで出た。

「もしもし、ユウカだけど。池崎あんた電話切るの早すぎるでしょう! もうすこしトライしなさいよ」

「あ、ユウカさん。良かった。電話繋がってよかったです」

「…………それで、なんか用なの?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sapporo255 https://t.co/C11M236yHm なんか、ほとんど西村京太郎な展開ですが、池崎君とやっとなんですねぇ。 「ナイスキャッチ」なんて俺も言われてみたいよ。 今風だと「忖度」? 次回が楽しみ。 #西村京太郎 3年以上前 replyretweetfavorite

kthkr0214 |菅沙絵|結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜 池先ぃぃぃぃT_T お願いしますお願いします。どうかこのまま順調にいい展開で進みますように(>_<)!!ユウカさんに安住の地を!! https://t.co/4l7A6FPDNg 3年以上前 replyretweetfavorite