クールビズ、実はだらしなく見えてるかも?ノータイでもカッコよく!

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使ってる人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川アンクさんが、相手によい印象を持ってもらえて、明日からでもすぐできる、身だしなみの基本を書いた「収入2700万円の差がつく身だしなみ」の内容を、特別掲載いたします。

ノータイスタイルをだらしなく見せないコツ

 夏のうだるような暑さでもジャケットを羽織るのが当たり前だった風潮が見直され、環境省による地球温暖化対策と節電の取り組みの一環として2005年より始まったクール・ビズ。夏のノーネクタイ、ノージャケットという軽装の呼びかけは当時の流行語となり、今ではすっかり定着しました。「暑くてもまわりが脱がないから脱げない」「冷房が効きすぎて職場が寒い」「寒くて脱がない」という悪循環が長らく続いてきましたが多くの業界や働く人々に受け入れられ、政府の大号令が功を奏しました。

 ただ、国が呼びかけたクール・ビズのCOOLは「涼しい」と「かっこいい」の二つの意味があるのですが、ジャケットを脱ぎ、ネクタイを外した後の姿を「クール」にキメているビジネスマンはまだまだ少数派。どうしても「ただネクタイを外しただけ」の印象になってしまい、だらしなく見えてしまっているのはとても残念です。

 それにしても、なぜだらしなく見えてしまうのか。それはシャツのセレクトが合っていないからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

初期投資3万円で誰でも変われる「見た目」改造計画。 スーツ選びから、デオドラント(消臭)、頭皮ケア、肌の整え方、 ヒゲ剃り(シェービング)などなど、知っているようで知らない「ビジネススキル」の決定版!

この連載について

初回を読む
収入2700万円の差がつく身だしなみ

山川アンク

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使ってる人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川ア...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zakimiyayu 次にシャツ買うとき、気をつけよう。 3年以上前 replyretweetfavorite

Ankh_beauty クールビズまではもう少しですが、そのシャツを買う前に絶対読んでおくべきネタです。 https://t.co/K5ZSj2iN7p... https://t.co/bdxv417Aad 3年以上前 replyretweetfavorite