疲労の正体

第10回】いびきグッズを記者が体験 妻の怒りは収まるのか!?

妻に「うるさくてほとんど寝られなかった!」と毎朝のようにキレられている本誌記者。今回の特集取材で「睡眠の質の重要性」に気付き、いびきグッズを買い求めて夜な夜な実験した。

 日本のいびき人口は約2000万人ともいわれており、ちまたには対策グッズがあふれている。

 30代の本誌男性記者が初めに試したのは、(1)鼻腔拡張テープ、(2)鼻呼吸を促す口閉じテープ、(3)口の奥に天然オイルを噴き付けて空気の通りを良くするスプレー、(4)鼻の両穴にフィットさせるクリップ、(5)鼻呼吸を促すマウスピース。いずれもドラッグストアや大型雑貨店で簡単に手に入るものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
疲労の正体

週刊ダイヤモンド

痛みや発熱と並び、人間の三大アラームといわれる「疲労」。多くの人が感じているのに、本質は意外に分かっていない。そのためちまたにはうそや迷信があふれ、いいかげんな回復法がはびこっている。そこで、最新の研究から疲労の正体を明らかにし、正し...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません