疲労の正体

第7回】これであなたもすっきり! 熟睡するための「処方箋」

睡眠は最も有効な疲労回復法。しかし、単に寝ればよいのではなく、「時間」と「質」にこだわらなければ効果はない。正しい睡眠の取り方を解説する。

 「6時間以上、6時間30分未満」が20.9%と最も多く、次いで「5時間30分以上、6時間未満」が17.7%、「6時間30分以上、7時間未満」が15.4%──。

 本誌が今回実施した「疲労度3000人アンケート」で睡眠時間を尋ねたところ、こうした結果が出てきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
疲労の正体

週刊ダイヤモンド

痛みや発熱と並び、人間の三大アラームといわれる「疲労」。多くの人が感じているのに、本質は意外に分かっていない。そのためちまたにはうそや迷信があふれ、いいかげんな回復法がはびこっている。そこで、最新の研究から疲労の正体を明らかにし、正し...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません