昭恵夫人だから」で許しちゃう感じ

国会を巻き込む一大事になってきた森友学園の国有地取得問題。数々の政治家との関係が取り沙汰される中注目されているのが安倍昭恵。首相夫人のイメージを破るその天然キャラがこれまで何度も取り沙汰されてきましたが、今回は野党から証人喚問を求められるなど疑惑の目が向けられています。そんな安倍昭恵と今回のスキャンダルについて、武田砂鉄さんが考察します。

「チャーミングで天真爛漫」

籠池理事長という特異なキャラクターを見て、どうです、少しは心を許せますか、やっぱり少しも許せませんか、と問われている間に、満を持して「安倍昭恵夫人は籠池に騙されただけ」という安手の防備がじわじわ浮上してくる感じが解せない。保護者向けに「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などといったヘイト文書を配布してきた幼稚園の名誉校長を引き受け、「中国から、鉄砲とかくるけど、ぜったい、日本を守ろう!」などと言わされている園児を見た後に涙を流していた当初の報道を思い出せば、どちらがどう、こっちは少しだけ、ではなく、どちらとも少しも許してはならないのである。

8億円の払い下げにせよ、100万円の寄付にしろ、金の動きは事細かに解明されるべきだが、こうして金の話が主軸になると、それ以外のキャラの部分で「(籠池って)結構まともな人っぽい」「(昭恵って)結構天然っぽい」がすくすく育っていき、気付けばその「っぽい」が金の動きの推察に登場してくる。友人の安倍首相をひたすら擁護する評論家・金美齢は「節操なきメディアのアッキー叩き」(『月刊Hanada』5月号)と題した寄稿で、昭恵夫人のことを「人に対する警戒心が全くないのです。しかし、それは彼女の魅力でもあります。チャーミングで天真爛漫」と、小学校の先生が通信簿に書くようなコメントでフォローし、かつては「家庭内野党だ」などと持ち上げてすらいたメディアが「軽率だ、問題だと非難するのはあまりに節操がないのではないでしょうか」と憤る。

「せっかくだから公邸でやりましょう」と言う私人

節操がないのはどちらでしょう、と思う。窮地に立たされた昭恵夫人は北九州での講演会(24日)で、「本当に私は普通の主婦、普通の女性だ」(時事通信)と涙ぐみながら述べたというが、マスコミをシャットアウトした講演会で「私は普通の主婦!」と訴えるシチュエーション自体が、どう考えても普通ではない。「昭恵夫人は公人なのか私人なのか」を問われると、政府は「公人ではなく私人であると認識」との答弁書を閣議決定するという珍行動に出た。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版決定! 益田ミリさんとの共著が発売中!!

せいのめざめ

--- - 益田 ミリ - 武田 砂鉄
河出書房新社
2017-01-25

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takedasatetsu ちょうど1年前に書いた記事です。 「『本当に私は普通の主婦、普通の女性だ』(時事通信)と涙ぐみながら述べたというが、マスコミをシャットアウトした講演会で『私は普通の主婦!』と訴えるシチュエーション自体が、どう考えても普通ではない。」 https://t.co/6DA2xgMdOQ 約1年前 replyretweetfavorite

tami_kawauchi 昭恵さんに関する記事2点。東京新聞:論壇時評:中島岳志「ナチュラルとナショナル 日本主義に傾く危うさ」https://t.co/aOA2oVymsk 武田砂鉄  約2年前 replyretweetfavorite

tks564bys0000 【コラム】 約2年前 replyretweetfavorite

wol564b =コラム= 約2年前 replyretweetfavorite