スーツのシャツは「色」と「襟(えり)」で明るくスマートに見せる!

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使ってる人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川アンクさんが、相手によい印象を持ってもらえて、明日からでもすぐできる、身だしなみの基本を書いた「収入2700万円の差がつく身だしなみ」の内容を、特別掲載いたします。

白シャツのハイライト効果で顔を明るく

 スーツの次は、中に着るシャツです。
 もちろんシャツも毎日着るものですから、スーツ同様こだわりたいところなのですが、たとえばスーツを3種類、シャツを3種類持っていたとして、それだけで9通りの組み合わせが生まれます。そこにネクタイも合わせるとなると、あれこれ悩んでその日の「答え」にたどりつくのは大仕事。脳というのは疲れるもので「どの組み合わせで出勤するか」と悩むのに貴重なリソースを割くのは少しもったいない気がします。朝の時間も限られていますしね。

 何を着るかをあらかじめ決めている人といえばアップル社の創業者である故スティーブ・ジョブズが有名ですが、実は経営者にはその手のタイプが少なくありません。やはり「服を選ぶ以外のことに頭を使いたい」という意識が働くようで、それがオシャレであるか否かは別として、着るものをいつも全身同じものに決めているんですよね。そこまでは極端な例にしても、たとえばシャツの色だけでもひとつに決めてしまえば時短になって、毎朝がラクになります。

 私のおすすめは

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

初期投資3万円で誰でも変われる「見た目」改造計画。 スーツ選びから、デオドラント(消臭)、頭皮ケア、肌の整え方、 ヒゲ剃り(シェービング)などなど、知っているようで知らない「ビジネススキル」の決定版!

この連載について

初回を読む
収入2700万円の差がつく身だしなみ

山川アンク

人の印象は見た目が50%以上。ビジネスの現場において、身だしなみに気を使ってる人とそうでない人では、最大2700万円もの生涯年収の差が出るというデータもあります。実はかなり重要なビジネスにおける「見た目」について、メンズ美容家 山川ア...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

513MHz 日本でいうポロシャツは、海外では「テニスシャツ」と呼ばれている。というのは知らなかった。 https://t.co/LkKrQxibv3 約3年前 replyretweetfavorite

yuzumeets_an “顔を明るく、肌ツヤも与え、生き生きとした表情に見せてくれます。細かく説明すると、シワや毛穴の陰影を光で飛ばすことで、若々しく精悍に見えるのです。成功オーラが顔から発せられているかのような印象のメイキング” 白シャツ警部しゅごい…… https://t.co/cHZgwuc3aW 約3年前 replyretweetfavorite