オチビの台所

サクッとして、ほろ苦い春の味〜山菜料理の王道”天ぷら”レシピ〜

少しずつ、春の訪れを感じる季節になりましたね。
サクッとして少しほろ苦い味わいがより一層春を感じる、山菜の天ぷら。王道ですが毎年食べたくなる味です。 たらの芽にふきのとう、わらびも軽い衣でさっと揚げていただきましょう。

■材料
たらの芽
ふきのとう
こごみ
わらび
うるい
(大葉やレンコン、好きなものを混ぜても)

小麦粉 1/2カップ
片栗粉 大さじ1
水 200ml

今週のレシピ:山菜の天ぷら

粉と水を混ぜ、衣を作ります。だまが残るくらいで大丈夫です。

うるいは食べやすい大きさに切り、ふきのとうは茶色い部分ははいでおきます。
わらびは重曹大さじ1に熱湯1カップを入れてそのまま冷めるまで置いておき、アク抜きをします。

たらの芽は下のハカマの皮部分を剥き、下の硬い部分は切り落とします。

衣をさっとくぐらせます。

衣を油の中に数滴落として浮いてくるくらいの170度の揚げ油で1~2分揚げます。

出来上がり。塩でいただくとより一層山菜の風味を楽しめますよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビの台所

林綾子 /安野モヨコ

安野モヨコの漫画「オチビサン」で、四季のうつろいの中に、いつもあたらしいことを発見するオチビサンとその仲間達。 「オチビの台所」は、オチビサンにまつわる"季節の料理"を、料理研究家の林綾子さんがレシピにしてくれました。鎌倉の豆粒町に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません