疲労の正体

第6回】玉石混交! ちまたに溢れる回復法のウソ・ホント

「疲れた」というだけで病院に行く人はほとんどおらず、多くの人がそれぞれのやり方で疲れを癒やしている。しかし、それらの方法は科学的に見て、本当に効果があるのだろうか。

 マッサージに5422円、サプリメントに4407円──。疲労チェックで「危険ゾーン」と判定された人たちが、月に使っている疲労回復費用の金額だ。詳細は第2回をご覧いただきたいが、実に8割もの人が疲れているという現状で、回復方法は多岐にわたり、皆、多額の費用を掛けている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
疲労の正体

週刊ダイヤモンド

痛みや発熱と並び、人間の三大アラームといわれる「疲労」。多くの人が感じているのに、本質は意外に分かっていない。そのためちまたにはうそや迷信があふれ、いいかげんな回復法がはびこっている。そこで、最新の研究から疲労の正体を明らかにし、正し...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません