​タラレバ女子会やる前に、己の頭をアップデートすべし

先週で最終回を向かえたドラマ「東京タラレバ娘」。フランス在住の中村さんは、このドラマのなかに、日本人女性の心を蝕む「呪い」を見たと言います。世間の価値観に無理にハマろうとすることで、不和を生じてしまうこの呪い。どうすれば、この悪循環から抜け出せるのでしょうか?

「東京タラレバ娘」の最終回を迎えて

そろそろ、日本は花見の時期でしょうか? パリを散歩していると、ちらほらと桜に似た木を見かけます。その度にふと日本が恋しくなり、涙腺がゆるんでしまう今日この頃です。先週、テレビドラマ「東京タラレバ娘」がついに最終回を迎えましたね。30代の女性たちが「結婚」や「幸せ」を追い求めてのたうちまわる物語が人気だったようですが、私も気になってちょっと観てみました。

なかでも印象的だったのは、登場人物たちの「東京オリンピックを一人で見たくない!」「一生独身!?(だなんて恐ろしい! )」という悲痛な叫びです。 今回のドラマでは、主人公たちが、前に人気だったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で言うところの「呪い(=社会や世間の価値観)」にがっちりハマって苦しんでいるように見えました。

そして最終回、彼女たちはようやく気がつきます。これまで必死で探し求めていた、社会や世間のいう「女の幸せ」や「ごく普通の幸せ」とやらを追うのではなく、人それぞれに違う「自分の幸せ」を追い求めるべきだと。ドラマでは、その気づきの先の「では、どうやって?」というところまでは、教えてくれませんでした。そこから先の具体例を示してほしいところですが、その方法もまた、人それぞれに違うもの。あとは視聴者のみなさんも、各々がんばってね!ということなのでしょう。

日本で呪いから逃れるのは難しい

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden 正論はつまらん。タラレバ女子会も要は絶望ごっこなのよね  5ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi タラレバ女子会やる前に、己の頭をアップデートすべし|中村綾花 @ayakahan | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Kateyamate1 タラレバ女子会やる前に、己の頭をアップデートすべし|中村綾花 @ayakahan | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Lave_chamo タラレバ女子会やる前に、己の頭をアップデートすべし|中村綾花 @ayakahan | 5ヶ月前 replyretweetfavorite