暴力的なエヴァンゲリオン」みたいな『トリプルX:再起動』

ネットの片隅で楽しみにしていただいた江波光則さんの映画感想文、復活します!
最初に取り上げるのは『トリプルX:再起動』、SFで攻めてみました。
3月下旬新刊『屈折する星屑』(ハヤカワ文庫)も絶賛発売中。こちらはデヴィッド・ボウイオマージュです。


■感想文も再起動します(新刊発売しました!)

『トリプルX』が再起動しました。

その話題、遅くない? というのは勘弁してください。こちらにも色々事情はあるんです。とにかく『トリプルX:再起動』です。ギリギリまだ劇場公開しているのではないかと思われます。見たほうがいいですよ。脳の性能が試される作品です。 何て言うんでしょう、「暴力的なエヴァンゲリオン」みたいな。それは作中の暴力描写じゃなくて情報の暴力という意味なんですが。何言っているのか相変わらず分かりませんね。そういう感じの映画です。


■ 何て言うんでしょう、「暴力的なエヴァンゲリオン」みたいな。

 よく「考えないで見るバカ映画」みたいな言い方される映画、出てくるじゃないですか。あれとか、ほらこれとか。それとか。ユー、ユー、ユー、アーンド・ユー(指を鳴らす)ぐらいパパッと思い浮かぶと思いますけど。ちなみに今のはマッドマックスなんですけどね。あ、そういえば前回のレビュー書いたら褒美にブルーレイを賜りました。まことにありがとうございます。

 それはともかくとして、「考えないで見るバカ映画」とか言われるとカチンときちゃう人もいると思うんですよ。僕だって昔は何だこの野郎ってなってましたからね。もうそこで怒っちゃダメ、それは評価じゃなくてアドバイスなんです、これから見ようとする人への。エヴァンゲリオン見た事ない人がこれから見ますって言ったら心の底から善意で「全部真に受けて考えたらダメだよ」って言うでしょう、普通。人として。そういう意味の「考えないで見るバカ映画」なんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
江波光則映画レビュー

江波光則

6月下旬に終末SF『我もまたアルカディアにあり』を刊行した江波光則氏。 もともと映画がお好きな江波氏に、「終末」つながりで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見た感想をまとめていただきました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shinichiroinaba “人類の叡智がいかに浅く愚かなものかを知らしめるために天上より遣わされた作品、それがトリプルX:再起動。見るとインテリが死ぬ。” 2年以上前 replyretweetfavorite

alpaca_moco 見るとインテリが死ぬ映画! >悪の組織に立ち向かうのが最後の三十分とかそのぐらいです。それまでずっと何が起きているのかわからない。 2年以上前 replyretweetfavorite

PONKOTSUforever 不遜な言い方かもしれないけど、シンプルにバカ面白ければ細々考える脳の機能は勝手にシャットアウトされる筈なんだよな 2年以上前 replyretweetfavorite