心のベストテン

大好きを歌うか、大嫌いを歌うか。アイドルかバンドか。未来はあの娘の手の中!

DAOKOとちゃんみなのVS、SHISHAMO=ユーミン仮説から、アイドルではなくバンドを選んだ“女の子”の生き様まで、今回は気になる女性アーティストを縦横無尽に語ります!
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

練馬と渋谷、ちゃんみなとDAOKO

大谷ノブ彦(以下、大谷) 前回は椎名林檎とポルカドットスティングレイの話をしてきましたけど、他にも最近気になる女性アーティスト多いですよね。

柴那典(以下、柴) 最近出てきた女の子でいうと、僕は断然ちゃんみなをプッシュしたいですね。最近のブームの中で「JKラッパー」として出てきて注目されてる感はあるけど、この子はヤバい。マジで才能ある気がします。

大谷 ちゃんみな、いいですよね。「練馬のビヨンセ」って自分で言ってる(笑)。

 いいキャッチコピーですよね。

大谷 噂によるとそう言い始めたのは渡辺直美に似てるからって聞きましたけど。

 そうなんだ? その真偽のほどはわからないけど、確かにに言えるのは、ちゃんみなって韓国と日本のハーフで、渡辺直美さんも台湾と日本のハーフなんですよね。

大谷 そうだった!

 だから、ある種どちらも日本社会のマージナル・ウーマンなんですよ。文化の境界線上にいる。

大谷 なるほど。

 一方はお笑いだし、一方はヒップホップだけど、そういう二人がビヨンセに憧れるっていう構造は実は同じだという。

大谷 おもしろいなあ。ちゃんみなって、キツそうに見えて親しみやすいところがある気がするんですよね。「男に負けてられるか!」みたいな打ち出しをしてるけど、女性特有のしなやかさがあるというか。

 「Princess」ではイジメられてた時期もあったとも歌ってますね。

大谷 そういうのも、自分というものがちゃんと記号化されていて、超今っぽい人だと思うな。

 僕がちゃんみなを知ったのがTeddyLoidと一緒にやった『ダイキライ』だったんですけど、この曲ってDAOKOの『ダイスキ』のアンサーソングなんですよ。

大谷 ほんとだ! しかも意味が逆になってる。

 僕の中ではちゃんみなとDAOKOの存在感も対照的なんですよね。ちゃんみなは攻撃的に外に向かうタイプで、DAOKOはちょっと内に向かう感じがあるというか。

大谷 しかもDAOKOには『ShibuyaK』って曲もありますもんね。練馬と渋谷だ! だからやっぱりちゃんみなのほうがヤンキーっぽいっていうか。

 そうそう(笑)。 練馬と渋谷で「ダイスキ」と「ダイキライ」を歌ってる二人の対比がすごく面白いんですよ。

SHISHAMOはユーミンなんじゃないか説

大谷 SHISHAMOはどうですか?

 SHISHAMOは出てきた時と今では風格が違う感がありますね。

大谷 僕も最近めっちゃいいなって思っていて。DJで地方に行くとすごく感じるんですけど、例えば東京の都市部で盛り上がってるシティポップとかインディーロックって、地方にはあんまり届いていない感じがするんですよ。ズレがあるというか。でもSHISHAMOは届いてる。

 僕の仮説なんですけど、SHISHAMOはユーミンなんじゃないか説があるんですよ。

大谷 えっ? ユーミン?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nijuusannmiri あー、そうなんだ。「ちゃんみなって韓国と日本のハーフで、渡辺直美さんも台湾と日本のハーフなんですよね」ちゃんみなはいいぞ。 3年弱前 replyretweetfavorite

daddyscar cakesの大谷ノブ彦と柴那典の対談から。 まだ18歳とからしい。こんなアーティストが日本でも売れたらいいなあ。 https://t.co/2Toi19O0QY https://t.co/KhFnpEUx4Z 3年弱前 replyretweetfavorite

yokoyamat 荒井由美と荒井由実が混在してるのもどうかな。音楽論を語るのにこのミスはいただけない。 https://t.co/INFpIbZVtI 3年弱前 replyretweetfavorite

yokoyamat 『恋人がサンタクロース』は1980年、『私をスキーに連れてって』は1987年、「映画の主題歌としてあれを書いた」って?- 3年弱前 replyretweetfavorite