有り金をスリに盗られ、別荘には知らない人が住みついている

親しい人たちに見送られ小豆島までやってきた百鳥ユウカさん(34)。フェリーで仲良くなった“サヨコ”の足取りを探しても見つからない。ユウカさんを襲った災難の原因は……?


「まさか、スリに遭った?」

フェリー乗り場のあたりを見まわしても誰もいない。

閑散としたフェリー乗り場の横には簡易食堂が併設されているが、そこを探しに行ってもサヨコはいなかった。

(サヨコがユウカが出てくるのを待ってお茶しているという推測も消えた)

事の重大さをリアルに認識してくると、だんだん動悸があがってくる。胸の内ポケットのお金が消えたことで、頭に微かに残っていたアルコール成分もいっぺんに消えてしまった。ノドはひりひりと乾いてくる。

フェリー乗り場の駐車場を出てしまうと、そこは人家もまばらにしかない寂れた港町だった。一軒だけあるお土産物屋では「名物 酒まんじゅう」のノボリが立ってひらひらと風に揺れている。

フェリーの中で見かけた船客たちもどこへ行ったのだろう。ジャージ姿の学生たちは? 家族連れは? サヨコは……?

波の瀬音しか聞こえない寂れた港町でフラフラと白昼夢を見ているような感覚がする。

「そうだ、まだ船の中に残っているかもしれない。落としたのかも」

ユウカは、自分がそうあって欲しいという願いを現実のように思い込もうとした。昔、元彼が自分の元を去った時と同じように、見たくない現実は存在しないように思おうとした。

スーツケースをくるくると転がしながらフェリーに急いで戻ろうとしたら、係りの人間がさっと出てきてユウカの前に立ちふさがった。メガネをかけたひょっろっと痩せた風貌の男の人だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sapporo255 https://t.co/FWu0VxTqCB ちょっと展開が~。。。 菅さんって神奈川出身やねぇ。なんで詳しいん? 秋に神戸に行くなぁ。誰かとデートしたいなぁ。笑。 3年弱前 replyretweetfavorite