第5回】専業主婦世帯を狙い撃ち? 配偶者控除廃止のインパクト

半世紀以上にわたって専業主婦世帯に減税の恩恵をもたらした配偶者控除の廃止が検討されている。もはや増税のインパクトから多くの家庭が逃れられない。

 「配偶者控除をやめるということは必ず損得が生じる。『幅広い層が納得する』ような見直しはあり得ない」

 元財務省官僚で中央大学法科大学院の森信茂樹教授は、「配偶者控除制度は明らかに耐用年数を過ぎており、すぐに廃止するべき」と前置きした上で、改革への“覚悟”を国民に問う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
国税は見ている税務署は知っている

週刊ダイヤモンド

われわれから税金を徴収する国税組織。国民なら誰もが知る行政機関だ。消費増税や配偶者控除見直しなど大増税時代の到来を前に彼らは今、その“最恐”ぶりをより誇示しているかのようだ。まず富裕層への課税包囲網を狭め、マイナンバー制度などを武器に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hirokyun たくさん税を納めても、見返りが少ないからなあ…… 3年弱前 replyretweetfavorite