GReeeeNが生産する青臭さを浴びて

大勢の熱狂的ファンがいる一方、綴りの「e」の数がいくつかわからない程度には冷めた目で見ている人もいるバンド・GReeeeN。この連載の読者の皆さんは後者の場合が多いと思いますが、どうしてGReeeeNになじめないのかを、もちろん後者である武田砂鉄さんが考察します。

ドラマ『カルテット』で流されたGReeeeN

坂元裕二脚本のドラマ『カルテット』を欠かさず観たが、第6話で、松たか子演じる早乙女真紀と宮藤官九郎演じる夫役・巻幹生の、それぞれの吐露が折り重なるシーンが印象に残った。(ストーリーの詳細は端折るが)夫はバイオリンを弾いている妻が好きだったのに、妻はいわゆる「普通の夫婦」の幸せを願い、夫婦間にズレが生じ始めるのだが、その「普通の幸せ」シーンで流れていたのがGReeeeNの楽曲だった。それは少なからず揶揄を含む使い方であり、脚本家のみならず制作陣の総意としてGReeeeNファンを切り捨てる行為とも思えた。そもそもああいうのが好きな人は観てくれてないっしょ、との判断だったとしたら勇ましい。

思えば、同じ坂元裕二脚本で2013年に放送された『最高の離婚』では、瑛太演じる濱崎光生が「ファンキー・モンキー・ベイビーズ、震え上がるほどかっこいいネーミングですね」や「そんなんじゃ、ファンキーでモンキーなファミリーズになれないよ!」と茶化すシーンがあった。このところ坂元裕二脚本のドラマは、一部の視聴者を虜にする一方で、突出した視聴率を獲得することもないのだが、その一因は、GReeeeNやファンモン的なド直球な感情を意識的に排除しているからではないか。『カルテット』では満島ひかり演じる世吹すずめが、20年以上会っていない父親の死に目に立ち会うかどうか迷った挙句、立ち会わないとの判断を下す場面がある。普通会うだろ、と思われる場面で、じっくりと考え込ませて違う道を用意する、それはとても「反GReeeeN的行動」だった。彼らの世界観では、親の死に目に立ち会わないなどあり得ないからだ。

怒るチャンネルが無い創作って信じられない

世のクリエイターというかインフルエンサーと呼ばれるような人たちの中には「やわらかなハッピーを届ける」とかそういうことを言い張る人がいて、ひとまず嘘くさいと思ってしまうのだが、何かを表現するためには他者から「無理あるだろ」と指摘されかねない強引さも必要なのだろうから咎めることなどできない。喜怒哀楽という4つの基礎感情があり、その配分はその日ごとや相手によって変動するものだと思っているが、このうちの「怒」がいつだってゼロポイントな表現者を見ると、無理あるだろ、と思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版決定! 益田ミリさんとの共著が発売中!!

せいのめざめ

--- - 益田 ミリ - 武田 砂鉄
河出書房新社
2017-01-25

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toiezi 「未熟の作為性」に思わず膝を打った。「反 1年以上前 replyretweetfavorite

toiezi "作為的な未熟"にすごい納得した。 1年以上前 replyretweetfavorite

dahooon グリーンが苦手だと思う全てが書いてあった https://t.co/5LTeiDihXG 1年以上前 replyretweetfavorite

eeeezk730 GReeeeNを普段聴かない層のGReeeeN考察記事。なんでもwelcomeでない方は読まない方がいいかも。 1年以上前 replyretweetfavorite