アメリカン・ビューティー 
美しさの正体

伊藤聡さんの連載「およそ120分の祝祭」第2回目は、『アメリカン・ビューティー』がテーマです。アカデミー賞の作品賞を受賞した名作とかつて向き合った時、伊藤さんは何を感じ取ったのか? そして、この映画の放つ魅力の源泉はどこにあるのか? ご一読ください。

できればもう少し早くこの映画と出会いたかったと、『アメリカン・ビューティー』(99年本国公開、日本での公開は00年)を見終えて僕はおもった。おもいださずに済むならぜひそうしたいほどに、何しろ僕の90年代はさんざんだったのだ。当時抱えていた鬱屈にこんな風に応えてくれる映画があったのなら、僕の20代だってもっとましになっていたのではないのか。

やけに肩の力が抜けた主人公の中年男性、レスター・バーナムの経験する人生最後のどたばたした日々を眺めながら、すっかり自分自身が解放されたような高揚を感じていた。大げさに聞こえるかも知れないが、2000年4月に『アメリカン・ビューティー』を見たことで、僕自身の暗く憂鬱な90年代にひと区切りついたような気がしたのだった(ある種の映画には、そうした特別な力があるものだ)。「自分が人生から受け取れるものはこれっぽっちなのか」と不満ばかりだった過去が帳消しになるような、肯定的な力がこの映画にはある。

『アメリカン・ビューティー』は、アメリカの郊外に住む中流家庭が崩壊へと至る過程を描く作品である。平凡なサラリーマンである主人公レスター(42歳)の失職をきっかけに家庭の不和が表面化し、主人公、妻、娘の3人が家族としてのつながりを失っていくというあらすじだ。郊外を舞台にした中流家庭の崩壊というテーマそのものは過去にも繰りかえし描かれており、アメリカ映画における定番的なテーマといっていい。

アメリカン・ビューティー [DVD]
アメリカン・ビューティー [DVD]

『普通の人々』(’80)や『クレイマー・クレイマー』(’79)、『インテリア』(’78)といった過去の作品も同様に、経済的には不自由のない家庭が内側から崩れていくまでを描くが、これらの作品と『アメリカン・ビューティー』を比較してもっとも大きく異なるのは、家族の離散というテーマが悲劇として扱われない点だ。もし家族が終わってしまったのだとしても、まぁ別にいいんじゃない、とでも言いたげな映画なのだ。

「家庭崩壊もの」は一般的に、それが取り返しのつかない、重大なできごとであることが前提である。例をあげれば、『クレイマー・クレイマー』は親権をめぐって夫婦が裁判を起こすことの重苦しさを描き、かつては家族だった者どうしが法廷で争わざるをえない状況のみじめさと痛みに満ちている。それとは対照的に、『アメリカン・ビューティー』における家族の終わりに悲壮感はない。

わけても、ケヴィン・スペイシー演じる主人公レスターの快活で時に子どもじみた表情は、それまでの「家庭崩壊もの」には見られない軽妙な人物像だ。レスターに象徴されるように、『アメリカン・ビューティー』は何より、ユーモラスで軽く、開放的な映画である。劇中、3人の家族がそれぞれに自由を求めるほど、彼らのつながりは希薄になっていくが、家族が崩壊するという結末はごく自然に感じられる。仮に、家族がはなればなれになる結末が悲劇として描かれていれば、この映画はただの陰鬱な物語でしかなかっただろう。僕はあたかも、レスターから「喪失は手痛い経験のようにおもえるけれど、実は大したことじゃないんだよ」と伝えられたような気がしたのだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zissouta マグノリア、ファイトクラブと同じ年に公開だったか。すごいな99年。 | 『 約5年前 replyretweetfavorite

johnta_s この記事に影響されて観てみた。/『 約5年前 replyretweetfavorite

sadaaki 伊藤聡 @campintheair さんの「およそ120分の祝祭」、今週は「 約5年前 replyretweetfavorite

campintheair 1時間だけ全部読めちゃうので、ぜひお試しください。/ 『 【03/26 23:00まで無料 】 約5年前 replyretweetfavorite