心のベストテン

椎名林檎が『カルテット』主題歌でつらぬいたプロの掟

人気ドラマ『カルテット』の主題歌で、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が歌った楽曲「おとなの掟」について、作詞・作曲を手掛けた椎名林檎の凄みを、柴さんが読み解きます。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

椎名林檎の徹底した世界観

柴那典(以下、柴) ドラマ『カルテット』、いよいよ今日が最終回ですね。ドラマもすごくおもしろいんですけど、主題歌の『おとなの掟』が最高で。あれヤバくないですか?

大谷ノブ彦(以下、大谷) 半端ないですよね! ハマっちゃって何度も聴いちゃいました。

 曲は椎名林檎の書き下ろしなんですけれど、歌ってるのは出演してる松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の4人で。彼らが劇中で組んでる弦楽四重奏団の名前が「カルテットドーナツホール」だから、この曲の名義も 「Doughnuts Hole」になってる。

大谷 完全にドラマありきの曲ですよね。

 しかも歌詞の言葉も、ドラマの主題を全部射抜いている。

大谷 「ああ白黒付けるのは恐ろしい」「自由を手にした僕らはグレー」「おとなは秘密を守る」……たしかに!

 『カルテット』っていうドラマには「白黒つけない」、つまり物事の裏表をはっきりさせないというテーマが潜んでるんですよ。4人には全員「裏」があるんです。言えないことがあったり、過去を隠していたりする。だけど、それが明らかになったときに「そんなこと、どうだっていいじゃないですか」って言うところがすごく感動的で。

大谷 わかる。そこグッとくるわ。

 それって、この4人がお互いのダメなところを認めあって、そこを好きあってる関係性だからこそ成り立つんですよね。真ん中に欠点がある。そういう結びつきであるということを「ドーナツの穴」というユニット名が象徴している。で、そういう風に白黒つけないのが大人だし、人生の豊かさであるってところまで、この楽曲は踏み込んでいる。

大谷 シビれるなあ!

 これぞ「主題歌」ですよね。

大谷 そもそも椎名林檎って、デビューした頃から自分の音楽をある種のプロジェクトとしてやってきた人ですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wol564b =コラム= 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tky564bdx 『コラム』 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

mnb56411 (コラム) 約1ヶ月前 replyretweetfavorite