錬金

日本がITビジネスで世界に遅れをとったワケ

若き日の西島和彦の活躍を目の当たりにした俺は疑問に思った。パソコン開発において日本の企業には確かな技術とノウハウがあった。加えて西島のような型破りの天才も擁していた。日本企業がパソコン市場を独占し、いま現在世界をリードしていてもよさそうなもの。でも実際はアメリカの後塵を拝している。なぜ日本は失速したのだろうか?
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!話題沸騰の書籍『錬金』を特別掲載いたします。

世界のパソコン市場を牛耳った日本

「行く前に、確認したい。西島さんは今どうしてるんだ?」

 と聞くとオッサンは、少し暗い表情をした。

「あの人は、本当にすごいビジネスマンだった。ITの歴史を変えた、スーパーヒーローだったよ。良くも悪くも、歴史に残るべき人だと思う」

 しかし現実に、西島和彦の記録はほとんどない。

 消息すらわからないのは、どういうことだろう。

「過去に、何かあったのか?」

「1988年に行くなら、自分で確かめることになるよ。西島さんの未来が、また大きく変わる出来事に立ち会えると思う」

 思わせぶりな言い方にイラだったが、たしかに自分で見てきた方が、納得できるだろう。

 一方で別の疑問もあった。

「気になっているんだが、西島さんみたいな男がいたら、パソコンの進化はもっと先に進んでいたんじゃないか? 少なくともアーキテクトを筆頭にした日本企業が、世界のパソコン市場を独占していても不思議じゃない。むしろ当然だと思うんだが……」

「そうだな」

「なぜいまマクロソフトとアップル・ガレージが勝って、日本の企業が、こんな斜陽になっているんだ」

「パソコンの進化が遅れていること、日本の企業が後退したこと、理由は無数にある。本当にいろんなことが複雑に絡み合っている」

「例えば、どんなことだ」

 オッサンは腕を組んで、話し出した。

「日本の半導体事業の失敗、TRONなど有望だったITプロジェクトの立ち後れ、円高ドル安の恒常化、台湾・韓国のグローバル企業の急発展とシェア拡大……まだ山ほどある。西島さん個人に関しては、たしかに突き抜けたイノベーター気質だったけど、おそろしく飽きっぽい。ひとつの事業で世界を獲れそうになっても、やっているうちに興味の対象が他に移って、中途半端なまま中座してしまう。あの人はそれでもいいけど周りはたまったものじゃなかった。女遊び、約束破り、ウソつき、そしてとんでもない放蕩癖……もともとの金持ちの坊ちゃんの悪いところが、続々と出てしまった。僕は彼の世話になった身だし、年も離れているから、直接の被害はないけれど。西島さんの近くにいた成田さんや古畑さん、他の会社の人たちは相当、ひどい目に遭わされたし、頭にきていたと思うよ」

 実際に見てはいないけど、西島らしい話だと思った。初期のアーキテクトぐらいの規模の会社の社長なら、まあまあ見過ごされたかもしれない。

 けれど大企業に発展したアーキテクトとマクロソフトのトップの立場では、彼の破天荒と自分勝手は、厳しく非難されそうだ。

 オッサンが続ける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

msk3345 {コラム} 7日前 replyretweetfavorite

yuko88551 〔コラム〕 7日前 replyretweetfavorite

tks564bys0000 【コラム】 8日前 replyretweetfavorite

wol564b =コラム= 8日前 replyretweetfavorite