海外の皇室における、「生前退位」事情

昨年夏にNHKの報道によって示された、天皇陛下のご意向。その後の取材により、天皇陛下はすでに6年前から「譲位」を考えていました。日本の場合、現状の皇室典範では、生前に退位することができません。では、海外の皇室ではどのような状況なのでしょうか。今回もNHKの第一報を軸に、海外で近年行われた「譲位」の実例を紹介します。

ローマ法皇も「高齢」を理由に「生前退位」

ヨーロッパで相次ぐ譲位

天皇陛下の「生前退位」を具体的に考える例として、海外の王室で近年実施された譲位の例が次のごとく報じられています。

(11) 海外では、ここ数年、国王などによる「生前退位」の表明が相次いでいます。3年前の2013年には、1月、日本の皇室とも親交の深い、オランダのベアトリクス女王が、王位を皇太子に引き継ぐと発表し、続く2月には、ローマ法王のベネディクト十六世が、高齢による体力の低下を理由に、ローマ法王としておよそ600年ぶりとされる「生前退位」を表明して、世界の注目を集めました。さらに、この年の7月、同じく皇室と親交の深いベルギーの国王アルベール二世が、高齢などを理由に、皇太子に王位を譲ると表明しました。また、おととし(2014年)にも、スペインの国王ファン・カルロス一世が、皇太子に王位を譲っています。

 このようにヨーロッパでは、近年「生前退位」(譲位)が相次いで行われています。もう少し説明を加えますと、まずオランダ王国では、ウィルヘルミナ女王(68歳で退位・1948年)から長女のユリアナ女王(71歳で退位・1980年)を経て即位した長女のベアトリックス女王が、33年後の2013年1月、「次代に託する」ため、退位を表明し、4月に75歳のお誕生日を迎えて、長男のアレクサンダー皇太子(46歳)に譲位しています。

 つぎにベルギー王国では、ボードゥアン一世(在位1930〜1993)の崩御により即位した弟のアルベール二世(在位1993〜2013)が、2013年7月、79歳という高齢と健康を理由にあげ、長男のフィリップ皇太子(53歳)に譲位しています。

 さらにスペイン王国では、1975年フランコ総統によって国王に指名されたファン・カルロス一世が、2014年6月、76歳で健康不安などを理由にあげ、長男のフェリペ六世(46歳)に譲位しています。

 なお、バチカン帝国のローマ法王は、血縁による世襲ではありませんが、世界各地の枢機卿により選ばれ、終身在位を慣例としてきました。それが、2013年2月、ベネディクト十六世(85歳)は、体力の減退を理由にあげて退位し、代わって選ばれたフランシスコ(76歳)が就任しています。

他の王室も、高齢化問題は深刻

「終身在位制」の多いアジアでも「生前退位」の波が

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

皇室問題の第一人者が、天皇陛下の「生前退位」問題を徹底的に解明

この連載について

初回を読む
象徴天皇「高齢譲位」の真相

所功

天皇陛下の「生前退位」を示唆する報道のあった昨年夏。8月には天皇陛下ご自身がお言葉を発表され、現在も「譲位」についての話し合いが行われています。この連載では、皇室問題のスペシャリストが、昨年夏の報道と、「天皇のお言葉」の真意を読み解き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません