​「モノ」に振りまわされない生きかた—ミニマリスト【第34回】

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』の全原稿を火・木の週2回で公開中!第3章のテーマは「街で暮らす」。ゆるやかに外とつながる暮らし方から、これからの共同体の姿が見えてきます。
今回はミニマリスト、佐々木典士さんが登場です。

「モノ」に振りまわされない生きかた—ミニマリスト

 この「横へ、横へ」という感覚は、近代にはあまりなかったものです。上を目指すのではなく、外に出るのでもなく、横につながる。この「横へ」の感覚をさらに学ぼうと、わたしはひとりのミニマリストに会いました。

 ミニマリストというのは、無駄をそぎ落とし、持ち物を極端なぐらいにまで減らして生活している人たちのことです。その代表的なひとりが、『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(ワニブックス)というベストセラーを書いた佐々木典士ふみおさん。

 典士さんは1979年生まれの出版社の編集者で、この仕事の人にはよくありがちなモノの多い生活を送っていたそうです。しかし2013年の年末、ミニマリストの運動がアメリカで起きていることを知り、「これだ!」と天啓を受けたのです。

 そこから1年ぐらいかけて、ひとり暮らしの部屋の中のモノを減らしていったといいます。

「大切な思い出のむすびついているモノもありましたが、そういうのは写真を撮って捨てました。写真を見れば思い出すことができるから」

 徹底していますね。衣類はダウンジャケットと革のジャケット、冠婚葬祭につかえるブラックスーツ、それに白いシャツが3枚、パンツが数本で、アンダーウェアを除けばクローゼットには10着ぐらいしか服がありません。

「バリエーションがないと『いつも同じ服を着てる』と思われるんじゃないかと最初は恥ずかしく感じたけど、やってみると慣れて、全然気にならなくなったですね」

 ただし安いファストファッションを着るのではなく、たとえばシャツは1着1万円前後。ダウンジャケットは15万円。かなり品質の良いものをそろえているそうです。良いモノを少しだけ持つ、というのが典士さんのスタイルなんですね。

 室内の写真を見ると衝撃的で、フローリングの床には何もなく、不動産情報サイトによくある空き物件にしか見えません。ベッドは所有しておらず、夜になるとマットレスを床に敷いてふとんをかけて眠っています。テーブルは小さな小物入れ。食器も最小限しかありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 「モノ」に振りまわされない生きかた——ミニマリスト【第34回】 https://t.co/Bx1Cei4kzU #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

kaytaka 「モノ」に振りまわされない生きかた——ミニマリスト【第34回】|佐々木俊尚 @sasakitoshinao | 2年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden ミニマリストって「モノ」が減る代わりに「オレ」が増えるんだよ。それが鬱陶しい  2年以上前 replyretweetfavorite

kitanoshijin 最初からワタスはそうなんですが?( ̄∀ ̄) https://t.co/NLlbSeZGlu 2年以上前 replyretweetfavorite