ドラがたり

小学一年生』から『小学六年生』まで、掲載誌でのび太の描き方はどう変わるのか?

藤子・F・不二雄先生と『ドラえもん』を誰よりも愛する編集者/ライターの稲田豊史さんによる唯一無二の『ドラがたり』。第3回では、ワインのテイスティングになぞらえて、掲載誌ごとに『ドラえもん』の作風の違いを分析します。皆さんは、どの『ドラえもん』に親しみがありますか?(毎週水曜日・土曜日更新)

掲載誌による作風の違い―水平テイスティング

 ここまでは「ドラえもんファン」を自称する比較的マニアな人間たちの話だったが、ことさらマニアでなくても「ドラえもん観」は人によってだいぶ違う。それは『ドラえもん』という作品に触れた掲載誌や時期が、世代によって大きく異なるからだ。

 「掲載誌」と「時期」の違いによる作風の違いをワインのテイスティングに倣って言うなら、同じ年代で銘柄を変えて飲む「水平テイスティング」と、同じ銘柄で年代を変えて飲む「垂直テイスティング」に喩えられるだろう。ワインと同じく、『ドラえもん』もこの2軸によって各人が感じる「ドラえもんの味わい」が決定されるからだ。同時期の掲載誌による違いは「水平テイスティング」、同じ掲載誌の連載時期による違いは「垂直テイスティング」で明らかになる。

 まずは「水平テイスティング」、掲載誌による違いだ。

 『ドラえもん』の掲載誌はとにかく多かった。主戦場であった小学館の学年誌(「小学一年生」〜「小学六年生」)ほか、未就学児向けの学習系雑誌である「幼稚園」「よいこ」、未就学男児向けの特撮・アニメ・ホビー系雑誌である「てれびくん」、小学生男児向けの特撮・アニメ・ホビー系雑誌である「コロコロコミック」、少年誌「少年サンデー」、ほか「小学館BOOK」「小学生ブック」など。

 しかもFは、各誌の対象年齢と雑誌の傾向に合わせた複数通りの作風の『ドラえもん』を、同時に何本も連載していた。1973年から1986年に至っては、「小学一年生」から「小学六年生」まで同時に6パターンの物語を毎月創作していたというから、驚きだ。

 では、各誌での作風を見ていこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「のび太系男子」のあなたへ贈るマニフェスト。全く新しい『ドラえもん』論!

この連載について

初回を読む
ドラがたり

稲田豊史

世代や国境を超えて読み継がれる『ドラえもん』を、いま私たちは、どのように読み返すことができるのでしょうか? 全世界の「のび太系男子」に贈る人生の教訓から、ひみつ道具に託されたSF(すこし・ふしぎ)なメッセージ分析まで。 藤子・F・不...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoshinon すげーな。 ”同時に6パターンの物語を毎月創作していた” https://t.co/1g2CdsP1MO 6ヶ月前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 無料公開は本日10時まで! #ドラがたり cakes特別掲載 第3回   https://t.co/8cmt7FBIDd 6ヶ月前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 #ドラがたり 発売を記念して、cakesで特別掲載中!(ΦωΦ) 第3回   https://t.co/8cmt7FBIDd 6ヶ月前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 #ドラがたり 発売を記念して、cakesで特別掲載中! 第3回   https://t.co/8cmt7FBIDd 3/21(火)10時まで無料公開です✨ 6ヶ月前 replyretweetfavorite