母親をベビーシッターと勘違い多発!「BBC子ども乱入動画」で浮かびあがった先入観と差別の距離

先日、微笑ましいハプニングが話題になりました。BBCテレビに、生出演していた大学教授の後ろから、子どもたちが乱入してきたのです。しかし、思わぬところで別の議論が巻き起こったそうで……。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、白人のアメリカ人男性の夫を持って海外に暮らす経験から、人の先入観と偏見と差別について考えます。

先日、BBCの生放送でビデオ取材をうけていたイギリス人教授の映像がソーシャルメディアで話題になった。
真面目に韓国情勢を語っていたスーツ姿の教授の背後で書斎のドアが開き、メガネをかけた幼い少女がおどけながら忍び寄り、さらにこのチャンスを狙っていたかのように、歩行器の赤ちゃんが勢い良く乱入する。


BBC interview with Robert Kelly interrupted by children live on air|BBC News

それだけでもおかしいのに、大慌てのお母さんが滑るように入り込み、子ども二人を引きずり出すシーンでは笑い転げてしまう。5回くらい繰り返して観たが、何度観ても涙が出るほど笑える。

こういうハプニングがソーシャルメディアで話題になるのは不思議でもなんでもないが、ツイッターで広まるうちに、意外な現象が生まれた。

まず、慌てて子どもを引き戻すアジア系の奥さんのことを「ベビーシッター」あるいは「お手伝いさん」だと思い込む人が現れた。そして次に、それを「差別だ」と批判する人たちが現れた。そして、ネット上の論争に発展したのである。

白人男性の子どもを世話しているのがアジア人女性だと、彼の妻(子どもたちの母)ではなく、彼に雇われたベビーシッター(日本では「乳母」という表現が目立った)さんか、お手伝いさんだと思い込む人がけっこういるようだ。「あれは、ベビーシッターだよ。怖そうにしているからわかる」といったツイートが目立った。
そんなツイートをした人に対して、「アジア女性を見たらベビーシッターと決めつけるのは、偏見であり、差別だ」というリプライをする人が出てきて、あちこちで言い争いになった。

先入観と差別の違いとは
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

トランプがはじめた21世紀の南北戦争 アメリカ大統領選2016

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

syukogathering 微笑まし過ぎるハプニングの裏側の出来事。先入観と差別は似て非なるもの。記事の中では日常生活で先入観を持つ側の差別意識の有無を取り上げていますが、先入観を持たれる側の社会的・経済的安定の有無でもあります。 https://t.co/coNKCorLCC 8ヶ月前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「SJW」という言い回しを初めて知った。 / “はてなブックマーク - 8ヶ月前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「偏見をゼロにすることは不可能だ。それを自覚したうえで、偏見を「差別」として行動に移さないようにすることのほうが重要なのだ」 8ヶ月前 replyretweetfavorite

Palmyra_Zanobia 興味深く示唆に富むお薦め品。前ツイと同じ著者である点が更に興味深い。 8ヶ月前 replyretweetfavorite