疑心暗鬼

辞令

初回収録を目前にして、番組メインMCのター坊が失踪してしまった「どっちもどっち博多っ子倶楽部」。急遽メインMCに抜擢されたのは、みんなの予想通り華丸。出演枠6人、福岡芸人も6人。みんなの興味は、大吉の行方だ。はたして、大吉に下された辞令は……⁉︎

 簡単な計算式である。
 今まではMCとアシスタントとパネラーの合計6人という枠を、7人の福岡芸人が争っていた。
 そしてター坊がいなくなった今、6人という枠に対して福岡芸人は6人しかいない。

 つまり、みんなの興味は、僕の行方である。

 大吉も、どこかに選ばれるんやないと?

 いよいよ、お前も入るんやないと?

 だって、人が足らんっちゃけん。

 小声でみんなから言われる度に、僕の心は葛藤した。

 嬉しくないと言ったら嘘になる。
 でも、そこまで嬉しくもないのだ。


 本当に生意気だけど、お門違いも甚だしいけど、僕は何より、あの稽古風景が本当に嫌だった。
 あの空間では、全ての自我を削ぎ落とされて、全ての発想を否定されて、全ての意見を鼻で笑われて、それでも全ての意向は受け入れなければならないのだ。
 吉田さんやスタッフさんの顔色を伺いながら、決められた台詞を重ねていくディベートは、もちろん、全てが完成していたら気にならないのだろうが、最初から全ての工程を見せられる僕からすれば、それはあまりにも異質な光景であり、どう転んでも楽しいとは思えなかった。

 これまで稽古を見学してきたからこそ、最初からずっと部外者だったからこそ、この空間の息苦しさを誰よりも他人事として感じていたからこそ。

 出来ることなら、関わりたくない。

 これが僕の本音だった。

 ただ、一点だけ。
 この番組に出ていないということを、両親や姉、友人には知られたくなかった。
 福岡芸人の全員が出ているテレビに、僕だけが出ていないなんてことが知られたら、僕が吉本でこんな扱いを受けているなんて知られたら、特に両親からは何を言われるかわからない。
 きっと芸人を辞めさせようとするだろうし、もし僕が親でも、そんな結果が出ているのなら、もう芸人は諦めるよう説得するだろう。

 そこだけは、気がかりだった。

 出たくないけど、出なきゃいけない。

 出なきゃいけないけど、出たくない。

 だけど、こうなったら仕方ないだろう。

 芸人を続けるためにも、出た方がいいんだし。

 メインMCの失踪という、誰の目にも見える非常事態。
 この期に及んで僕に声がかからないとは、さすがに思えない。
 内心、遅ればせながらの参加を覚悟したものの、たとえばアシスタント役を任命されても、一発ギャグなんてからっきしだから、その先は地獄である。かといって、どちらかの論客を任せられるハズはないのだから、やっぱりアシスタントが無難だろう。


 ター坊のことを誰も口に出せないまま、粛々と新体制が発表された。

「今日から華丸くんをMCにして、あらためて稽古します」

 稽古場に、吉田さんの標準語プラス丁寧語が響き渡る。反射的に全員の背筋も伸びる。

「で、プリーツスカート派をコンバットとひらい、フレアスカート派を文太とケン坊で、やってみよか」

 残る席はあとひとつ。名前が呼ばれていないのも僕ひとり。

「そして今日から大吉くんには……」

 予想通りの展開に、みんなの視線が僕に集まる。やっぱりアシスタントかあ、ギャグなんてないぞ。

「ちょっと前から思っとったんやけど、フロアーをやってもらいます」

 えっ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
疑心暗鬼

博多大吉

「どうして芸人になろうと思ったんですか?」一番多く投げかけられたこの質問に、いつも心の中で聞き返す。「どうしてみんな、芸人になろうと思わなかったんですか?」ーー時はバブルまっただ中。福岡の片隅で、時代の高揚感に背中を押された少年が抱い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wol564b =コラム= 2年以上前 replyretweetfavorite

pek5845 -コラム- 2年以上前 replyretweetfavorite

tky564bdx 『コラム』 2年以上前 replyretweetfavorite