第1回】シンガポールの邦人震撼! 国境越え狭まる徴税包囲網

かつて多くの富裕層が国外に財産を移し、国税の厳しい目をくぐり抜けた。今、そんな彼らに国外の逃げ場はない。徴税の包囲網が確実に忍び寄っている。

 「怖い。もう辞めさせてほしい」。不動産会社の役員として働く傍らで、個人会社も営む加藤明氏(仮名、50代)が、電話口でおびえた声を聞いたのは16年春のことだ。電話の主はシンガポール在住の田中大輔氏(仮名、40代)だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

国税は見ている税務署は知っている

週刊ダイヤモンド

われわれから税金を徴収する国税組織。国民なら誰もが知る行政機関だ。消費増税や配偶者控除見直しなど大増税時代の到来を前に彼らは今、その“最恐”ぶりをより誇示しているかのようだ。まず富裕層への課税包囲網を狭め、マイナンバー制度などを武器に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kazubo1 シンガポール当局、事業実態の乏しいペーパーカンパニーを使い節税スキームに加担している現地代表には罰金または懲役刑もある 2年以上前 replyretweetfavorite

SPICA2016 いよいよ逃げられませんなぁ〜https://t.co/crESRy0sBS 2年以上前 replyretweetfavorite