少年のキスに喝采を送る男達 アレクサンドロスの2人の恋人【後編】

長かった連載もついに最終回! 世界征服の旅を終え、帰途についたアレクサンドロス大王は、その道中、闘う男たちへの慰安のため、合唱コンクールを開催する。そこで、優勝した王の恋人、宦官バゴアスに男達が要求したこととは!?
劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

少年たちを去勢から救ったサモス人

自国を訪れた、300人の子供が満載のコリントスからの船。

その目的が子供たちを、領主の復讐のため去勢してしまうことだと知った、サモス人は義侠心にかられ、一計を案じます。

こっそり子供たちをそそのかすと、アルテミスの神域に逃げ込ませたのです。

当然、コリントス人は抗議してきますが、「子供たちが自分からお参りに訪れたのですから、こちらはどうすることも出来ませんよ。それともまさか神域を汚す気で?」と白を切りました。

しかし、コリントス人もさるもので、兵糧攻めに作戦を切り替えてきます。お腹が減れば子供たちも出てくると考えてのことでしたが、これに対してもサモス人は対策を講じました。

すなわち、自国の少年少女たちの腰にゴマと蜂蜜入りのお菓子をくくりつけると、毎日祭りを催して、神域内で歌い躍らせたのです。

ケルキュラの子供たちはそのお菓子を奪って餓えをしのぐことが出来ました。

このお祭りはコリントス人が根負けするまで続き、彼らが去ると、サモス人はケルキュラの子供たちをわざわざ海軍まで動員して母国に送り届けました。

大体、胸糞悪い結末に終わることが多い古代において、珍しくハートウォーミングな話ですが、このエピソードから分かることが二つあります。

一つはギリシャには人間を去勢する技術がなくわざわざペルシアまで送らなくてはならなかったということ。これは民主主義の政体のうえ、規模が都市国家どまりのギリシャにおいては、アジアのような巨大な権力の集中がなく、そのため宦官が必要なほどの後宮の存在もなかったためと思われます。

もう一つは、自勢力圏ではさほど宦官の需要がないはずのギリシャでも、都市国家間同士の争いで捕虜を得ると、宦官用にペルシアに売り飛ばすようなことをしていたということです。

またサモス人の義侠心は確かに美談なのですが、仮にこれがトラキア人やスキタイ人といった、当時のギリシャ文化圏では野蛮人とされた人々の子供だった場合、同じことをしたかという点は、心もとないところがあります。

敵の児童を断種するという発想の底には、以前「傷ついた男は〝男の娘〟に癒される 劉邦にひざ枕していた謎の美少年【後編】」の回で述べた通り、異種族に子孫を作らせず、未来永劫に渡って屈服させてしまおうという悪魔じみた情念が青黒くちろちろと燃えているのです。

美少年宦官バゴアスの正体
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

msk3345 {コラム} 3ヶ月前 replyretweetfavorite

yuko88551 〔コラム〕 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tks564bys0000 【コラム】 3ヶ月前 replyretweetfavorite

wol564b =コラム= 3ヶ月前 replyretweetfavorite