Q.彼女のメンヘラがシリアスすぎて、未来がまったく見えません

付き合った彼女の抱えている問題が深刻すぎて、途方に暮れてしまったメンヘラホイホイさん。彼女を見過ごせないという正義感と、思ったより自分が立派な人間ではないという現実の間で身動きが取れなくなっているようです。
身に覚えのある元メンヘラのスイスイさんが、ずばりお答えします!

「メンヘラ・ハッピー・ホーム」では、スイスイさんに相談したいお悩みを募集しています。メンヘラ、メンヘラホイホイのハッピーについてお悩みのある人は、こちらの専用フォーム(匿名可)からご応募ください。


あなたを不幸にしてしまうから別れましょう

彼女が心療内科に通うガチなメンヘラです。今後どうしたらいいのか、自分でもわからなくなってしまい、相談させてください。

彼女は大学のサークルの後輩で、とても聡明で思慮深い人です。元気なときは冗談が好きでケラケラとよく笑う明るい子です。ただ時折、尋常じゃなく、くらい目をして、心を閉ざしている時があります。それが心配で、声をかけているうちに、距離が近づきました。

よくよく悩みを聞いていくと、実家の扶養者は自己破産しており、学費を奨学金で支払い、生活費はバイト代でまかなっているので、生活は大変なようです。また、幼いころ親族に性的虐待をされたことなどがきっかけで、軽度のうつ病を患っています。
まわりでのほほんと遊んでいる僕らのような学生を見ると、ときどき強い憎しみが湧くそうです。
どうしても見過ごせず、寄り添うように付き合うことになりましたが、いろいろな話を親身に聞いているうちに、問題の根が深すぎて、自分なんかでは、手に負えないことがうすうすわかってきました。

先日、少し連絡が途絶えて、心配になって彼女の住むアパートにいったら、血だらけで気を失っていました。自傷行為の箇所は、手首など他人に見える位置ではなく、太ももの内側を切っています。家のドアは空いていたので、近しい人には気づいてほしいのかもしれません。
身体に傷跡はありつつも新しい傷はなかったので、安心していたのですが、時おり発作的に自傷行為をしてしまうとのことでした。

先日、「わたしは12年以上ずっと日陰を生きてきたから、日向を歩いてきたあなたとは世界が違いすぎる。わたしと一緒にいると、あなたのことを不幸にしてしまう。わかれましょう」と、筋肉弛緩剤を飲んで、ろれつの回らない声で言われました。シラフに戻った後、涙ながらに、まだ一緒にいたいといわれました。
それで自分の気持ちはと言うと、今は兄妹のような気持ちになってきて、異性として彼女が好きなのか、わからなくなっています。また、思うほど自分が立派な人間ではないことも、彼女との付き合いでわかってきました。

考えも気持ちも堂々巡りで同じところを何周もしており、自分でもよくわからなくなってしまいました。地獄の果てまで付き合う覚悟を決めるか、半端な気持ちで一緒にいるより、今ここできっぱり縁を切るべきか、どうしたらいいと思われるでしょうか。

(ドブネズミ・21歳・学生)

まず最初に、わたしからの回答を。
別れてください!

ところでスポーツって、好きじゃないとただの地獄。

わたしはスポーツがそもそも嫌いで、だけど好きな先輩がいたからという理由でハンドボール部(中学)と水泳部(高校)に入っていた。 水泳が好きではないわたしにとって泳ぐこととは、体が欲している酸素を定期的に遮断させながら水圧に筋肉を監禁される地獄。春はイッテQレベルの極寒水に入り、冬も筋トレという名の筋繊維いじめに加担させられ通年地獄。
おなじく好きではないハンドボールに関してはもっと酷くて、パイ投げのパイより粘着力があるクサイやつを指にぬりながらボールをつかみ、走り、飛び、投げるという全関節の過剰なブラック労働。

というか、サッカーは足にボール当て続けなきゃいけないし、サーフィンは船酔い待ち罰ゲームだし、スキーは寒い雪山で滑って転ばなきゃいけないし、とにかくスポーツは、好きじゃない人にとっては、地獄。

地獄を天国にするおまじない

いきなり前置きが長くなりましたが、そんな「好きじゃないと地獄」の最たるものがメンヘラとの恋愛だと思うのです。

24時間、いつでも呼びつけられ、一晩中泣かれたら夜通しなぐさめ、眠れない。物は壊され、投げられ、人前で罵られるし、逆ギレしかされない、「わたしを置いて仕事に行くなら死ぬ」という脅迫を受けるわ、金は使わされるわ、最終的に「他に好きな人ができた」とふられるわで、こんなん、空前絶後の漆黒ブラック拷問大放出。 あなたの彼女はそこまで理不尽じゃないかもしれないけれど、それでもそれはそれですごくしんどそう。

だけどここに「恋愛感情」があれば「たいへんな思いをしている彼女を支えたい」っていう、くたくたラブラブ学園天国となるのです。アメイジング。

恋愛感情とは、麻酔。 メンヘラ恋愛は麻酔がないと耐えられない。好きじゃないのに付き合い続ければ体も心も卒倒。これ深刻。あなたがこれまで、ものすごく尽くしてきたことも、彼女の大変さも充分にわかったのだけど、あえてそれらの情報は遮断して自分の心だけに耳をすましましょう。 「まえより好きではなくなった」のサイレンが聞こえた瞬間に、別れの準備をはじめるのが、メンヘラとの恋愛において、自分を守る作法です。

ということでこの恋愛は、どう読んでも麻酔切れなのでハッキリと理由を伝え、終わらせることをおすすめします。 ベストな別れかたについては「Q. メンヘラな彼女を傷つけずに別れる方法は?」を読んでね。

だけど、がっつりホイホイなあなたには、これからの恋愛のために、どうしても言いたいことが2つある!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuko88551 〔コラム〕 2年以上前 replyretweetfavorite

yuko88551 〔コラム〕 2年以上前 replyretweetfavorite

glade_c_sh 「メンヘラ語」程でなくても、それに近しい言語を使う人間は多い。 2年以上前 replyretweetfavorite

sanma9731 うわわー、続き購読したいけど、どうしょうかなー。 |スイスイ @suisuiayaka |メンヘラ・ハッピー・ホーム https://t.co/uN4Wd5qSUc 2年以上前 replyretweetfavorite