ドラがたり

世界には、百人百様の「ドラえもん観」がある

世代や国境を超えて、私たちの共通体験となった『ドラえもん』。戦後日本の夢が詰まった同作を、いまどのように読み解くことができるのでしょうか。第2回では、「どこまでを『ドラえもん』と認めるか?」問題について考えます。『ドラえもん』を誰よりも愛する編集者/ライターの稲田豊史さんによる、唯一無二の『ドラがたり』です。ぜひまえがきとあわせてお楽しみください。(毎週水曜日・土曜日更新)

どこまでを『ドラえもん』と認めるか

 まずは、あなたが見ている『ドラえもん』のペルソナ(外的側面/外部から見られているイメージ)は、別の誰かが見ているそれと必ずしも同じではない―という話からはじめよう。

 あなたがガンダム好きなら、「どこまでをガンダムと認めるか」という議論に覚えがあるだろう。「『ZZ』まで」「ファーストのみ」「宇宙世紀のみ」「富野由悠季の直接監督作のみ」等々。これらの自分勝手な線引きには、各人各様の熱いガンダム観がほとばしっている。

 同じように、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』好きなら、「バイオレンス劇画調だった初期のみ」「ホビー色が強かった40巻台まで」「麻里愛登場(67巻)まで」「擬宝珠纏登場(118巻)まで」となるし、『トムとジェリー』なら「ハンナ=バーベラ制作の第一期(1940〜58年)しか認めない」「MGM製作分はすべて認める」「MGM製作分のなかでもチャック・ジョーンズ制作の第三期(1963〜67年)だけは認めない」といった百家争鳴が繰り広げられる。

 長期連載作品、長期シリーズ作品は、時期・作品シリーズによって作風が異なるため、「これぞガンダム」「これぞこち亀」「これぞトムジェリ」の認識が人によって異なる。これは無論、各人の嗜好性によるものだが、もうひとつ大きいのは世代の違いである。『こち亀』を1980年代に「週刊少年ジャンプ」で読んでいた世代と、ゼロ年代初頭にアニメ版で触れた世代では、「こち亀観」がまったく異なる。ファーストガンダム世代・オーバー40歳のガノタが『ガンダムSEED』(2002〜03年)以降しか知らない若手に「ガンダムってのはなあ」と説教するのは、至極当然というわけだ。

 1969年から27年間連載され、作者逝去後も途切れることなくアニメ新作が供給され続けている『ドラえもん』も、「どこまでが『ドラえもん』か」議論の対象だ。「てんコミ収録分だけが真の『ドラえもん』」「てんコミ未収録話もアリ」「大山ドラしか認めない」「水田ドラも認める」「『ドラベース』もOK」といった具合に。……とまくしたてたが、なんのこっちゃと言うかたも多いと思うので、少し解説しよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ドラえもんが来ないまま、大人になったキミたちへ

この連載について

初回を読む
ドラがたり

稲田豊史

世代や国境を超えて読み継がれる『ドラえもん』を、いま私たちは、どのように読み返すことができるのでしょうか? 全世界の「のび太系男子」に贈る人生の教訓から、ひみつ道具に託されたSF(すこし・ふしぎ)なメッセージ分析まで。 藤子・F・不...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PLANETS_9 無料公開は本日10時まで! #ドラがたり 発売を記念して、cakesで特別掲載が始まりました(ΦωΦ) 第2回  https://t.co/nwtwNjVtFx 1年以上前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 無料公開は、明日3/18(土)10時までです! https://t.co/nwtwNjVtFx #ドラがたり 1年以上前 replyretweetfavorite

PLANETS_9 続けて第2回も、明日3/18(土)10時まで無料公開です! https://t.co/nwtwNjVtFx #ドラがたり 1年以上前 replyretweetfavorite

RyotaTakimoto 南極カチコチ面白いらしいな〜。アラサー以上でも、所帯持って子育てしてる同輩は自動的に現ドラも好きになり。それでも、3Dだけは認めね〜!ドラ映画=ひまわりの約束、的な強引な洗脳も腹立たしい!(^ω^💢) QT: 1年以上前 replyretweetfavorite