錬金

ビジネスとは未来を作ること

今度は1985年にタイムスリップした俺。7年経った西島和彦は相変わらず目を輝かせて仕事に明け暮れていた。俺たちはアメリカへ。マクロソフト社のビンセント・ゲイツに会うためだ。俺はそこで驚いた。2人の親密な間柄は知っていたけど、西島が指南役としてゲイツに細かく助言していたからだ。西島は持ち前の情熱で、ITの巨人をすっかり虜にしていたのだった。
ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!話題沸騰の書籍『錬金』を特別掲載いたします。

第4章 完璧な時間

1985

 1985年にタイムスリップした俺は、どこかの空港にいた。

 港内の表示板は、英語の表記ばかりだった。

 建物の広さと、利用客の顔ぶれを見ると、外国の空港らしい。

「どこだ、ここは?」

 案内板のひとつを読んで、現在地がわかった。

「シアトル・タコマ国際空港……!?」

 出国ゲートの向こうから、アジア人男性が出てきた。巾着袋ひとつの軽装だ。それでなくても空港内で目立つアジア人が、さらに目立っていた。

 その男と目が合った。笑顔が、いっぱいに弾けた。

「優作!! 優作やないか!?」

「西島さん!?」

 西島は駆け寄ってきて、俺の肩を強く抱いた。

「久しぶりやなぁ! お前シアトルにおったんか! 7年ぐらい前に、いきなりおらんなってしもうて、事故でも遭うたんかと思ったで!」

「すみません、ちょっと急な事情で……」

 西島にしたら7年ぶりだろうけど、俺からしたら別れて数日しか経ってない。嬉しさに温度差がある。

 少し驚いたのは、西島の容姿の変化だ。

 細身の精悍な美青年だったのが、頬がふっくらとしている。視力が落ちたのか、大きなティアドロップ型の眼鏡をかけている。ぴったりしたスラックスを穿いているが、やや腹回りが窮屈そうだ。7年間、たっぷり贅沢な生活を続けてきたのだろう。

 西島はキラキラの瞳を輝かせて言った。その目は以前と変わりなかった。

「変わらんなぁ、お前! 時間が止まってるみたいやな!」

「いやいや、少しは老けましたよ」

「いま何やってるん? 今日はヒマなん?」

「ヒマと言えばヒマっすけど」

 話しながら、頭のなかでタイムスリップのメカニズムを考えた。

 まさかいきなりアメリカに飛ぶとは思わなかった。タイムスリップする年代は正確だけど、場所はあまり重要なポイントではないらしい。

 タイムスリップのシステムは、目的である“個人”に、最優先で会えるよう動くのだろうと考えた。

 西島は喜んで、俺の肩をバンバン叩いた。

「ほんならついて来いや! ビンセントに久しぶりに会わせちゃる!」

「マクロソフトに行くんですか?」

「おお、詳しいことはよう知らんけどな。『IBBMが来るから用意しろ!』って、ビンセントの号令で経営陣がみんな招集かけられてるんや」


 マクロソフトの本社は、おそろしく立派なビルになっていた。グローバル企業として急成長中の勢いが伝わる。まさにITの巨人の塔だった。

 最上階の経営会議室に、ビンセントが待っていた。

「優作!! 久しぶりじゃないか。まだニックの秘書をやってるのか?」

 と気さくに挨拶してきた。ビンセントの方は髪をきれいにカットして、シングルのスーツをパリッと着こなしている。世界最高の資産家のポジションを手にしつつある、一流経営者の風格がにじみ始めていた。でも指先にはケチャップがこびりついている。変わっていない部分もあった。

「まあ、引き続きやらせてもらってます」

 俺はたどたどしい英語で答えた。

 会議室ではさっきまで、他の取締役員たちと話し合っていたのだろう。空になったコーヒーカップがいくつも並んでいる。ビンセントが座っていたと思われる席には、大量のハンバーガーの空き箱と、コーラの紙コップが転がっていた。

 西島は友だちの部屋に来たみたいに、奥のソファにどっかりと座った。

「さーて。What’s your case today? ビンセント、どうなったんや?」

 ビンセントは西島の前にチェアを持って来て、向かいに座った。

「IBBMの担当者が、今日の午前中に来たんだ。BASICの購入の件でね」

「前から言うてた話やな。連中もアップル・ガレージに負けたないから、自社パソコンのプログラム言語をつくるのに必死やろ。俺が言うとおりにしたんか?」

「ああ。ニックのプランで行ったよ。日本の大木電機のBASICを応用させてもらった。それでIBBM版のBASICをつくって、先方に出した。連中、『これはいい! すぐ欲しい!』って大喜びしていたよ」

「よっしゃ。商談成立や」

 後にわかることだが、このとき大木電機の技術を基にしたBASICが、16ビット用BASICの決定版となるマクロソフト「MS-BASIC」に発展していく。

 西島の提案で、日本で生まれたBASICが世界のBASICの業界標準になったのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

PCで世界を変えたカリスマたちの痛快な、失敗と成功。実話に基づく、感動の青春小説!

錬金 (文芸書)

堀江貴文
徳間書店
2017-02-21

この連載について

初回を読む
錬金

堀江貴文

PC市場で世界の頂点に君臨しつつあった日本は、あと一歩のところでなぜアメリカに後れを取ったのか? IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたちの痛快な、失敗と成功――。その全真相をノベライズ。 「心が自由になれば、金も権力も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuko88551 〔コラム〕 約3年前 replyretweetfavorite