​若い女性の心を開く方法

林伸次さんのお店を訪れた、40代後半くらいの男性に聞かれた質問「どうしたら若い女の子と楽しくデートできますか?」。今回はこの問に対して、林さんが実際女性に聞き取り調査してきてくれました。男はいくつになっても女の子と遊んでいたいものだそうですが、そこには向き合わなければいけない現実があるようです。

若い女性と楽しくデートをする方法

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、40代後半と思われる男性二人組に「林さんがよく書いている悪い男性みたいに、僕たちも若い女の子と楽しくデートとかしてみたいんですけど、どうすれば良いんですかね。どういうおじさんだったら彼女たちはOKなんでしょう。その辺りのことをリサーチして、cakesに書いてくださいよ」と言われました。というわけで今回は、若い女性たちに「どんなおじさんだったらデートしても良いのか、どうすれば彼女たちにモテるのか」を調査してみました。

早速ですがおじさん達、落ち込まないでくださいね。まず彼女たちは「デート」という言葉に引いています。「それってなにをするんですか?」と聞かれました。我々男性はデートというと、軽く食事やお酒をご一緒することと考えがちですが、彼女たちにとっては「デートは同じ世代の若い男性と、恋愛感情をともなってするもの」のようです。はい。彼女たちは、まさかおじさん達と恋愛関係になるなんてこれっぽっちも思っていません。

それで僕が「"恋愛おじさん"という言葉がありまして、おじさんも恋愛するんですよ」と言うと「気持ち悪~い」とのことでした。というわけで、まず彼女たちに対して「恋愛感情がある」なんて表現してはいけないようです。もちろん「好き」なんて言っちゃダメです。だって貴方がすごく若かったとき、時々、ご飯をおごってくれてた「すごく年上のおばさん」が突然、「好き」って言ってきたら、「怖い」って思ったはずですよね。それと同じです。

「やっぱりお金と権力は必要ですかね」と聞いたところ、「お金は最低限は必要だけど、権力って意味がよくわからないです」とのことで、そのあたりを詳しく彼女たちに聞いてみると「尊敬できる大人がいい」とのことでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さんの新刊が発売中です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

byusjp "さて、もし貴方が既婚者なら、絶対に奥様の悪口は言ってはいけないようです。奥様のことを愛..." via @komachibypass https://t.co/A44GOaK27a https://t.co/QMOP1V25GR #highlite 約2年前 replyretweetfavorite

patricia_pig 的を得すぎててこわい 若い女性の心を開く方法|林伸次 @bar_bossa | 約2年前 replyretweetfavorite

koziseren これ、若い人に限らずどんな世代の女性にも通用しそう。 逆に一回り以上離れた男性と”デート”に行く心得も知りたいなぁ。​ 若い女性の心を開く方法 | 約2年前 replyretweetfavorite

yamma_nissi まさに。中年が若い女性に近付くというそもそもの気持ち悪さを自覚しないとダメだ。---若い女性の心を開く方法|林伸次 | 約2年前 replyretweetfavorite