佐々木俊尚×影山知明トークイベントレポート【その2】

『そして、暮らしは共同体になる。』の発売記念として2016年12月14日に行われたトークイベントのレポートをお送りします。佐々木俊尚さんによる講演と、本イベントを主催・企画された「シェアする暮らしのポータルサイト」代表の影山知明さんとの対談の二部構成です。
第一部の講演のテーマは「住まい」。【その2】は、街に「居心地の良さ」を求める人が増えているのはなぜか、というお話から始まります。

なんでこういうことが起きているのか。なぜ街に対する感覚がこんなに変わってきているのかを、ちょっと歴史を振り返って考えてみると、もともと集合住宅、マンションとかアパートって昔は無かったですよね。集合住宅と言われてイメージするのは、だいたい鉄の扉がならんだ味も素っ気もないマンションだと思うんだけど、これは近代以降に登場したんですね。19〜20世紀、日本で言うと明治くらい。江戸時代まではこんな家はもちろん無くて、集合住宅に住むようになったのは戦後です。1950年代に、日本ではじめての分譲マンションが四ッ谷にできて、それ以降60〜70年代に多摩ニュータウンとか高島平とかいろんなところに団地やマンションが建って、そういうところに住む人が増えてきた。でも、元々の家ってそんな構造じゃなかったですよね。

いきなりですが2000年くらい遡ります。

古代ギリシャまで遡ると、家の奥のほうに寝室や台所などのプライベートなエリアがあって、道に面しているところにはそういうものはない。街路に面しているところを「男の空間」と呼び、奥のプライベートな空間は「女の空間」と呼ばれていました。「男の空間」というのはどういうものだったのかというと、本のなかには絵がないのでスライドで説明しますが、サロンみたいになってたんですね。当時の人たちは、ご飯は座ってじゃなく寝て食べていた。ローマもそうなんですが、寝椅子みたいなのがあって、そこに横たわって、客人なのか勝手に入って来たのかわからないような人たちがいて、だらだら食事をとりながら民主主義についての議論などをしていた。この空間を「(しきい)」と言います。プライベートな空間とパブリックな空間との間にもう一つ空間があって、誰もが入れるけど、決して完全に公ではないという中間地帯があった。これはギリシャだけではなくて、日本にもありました。

ここ、何て言うか知ってますか? 年配の人はご存知かと思いますが、「上がり(かまち)」と言うんです。土間のところにある、ちょっと腰掛けられるところのことを指しています。昼間はほとんど玄関に鍵を掛けない。近所のおばちゃんが勝手にがらがらっと開けて入ってきて、上がり框に勝手に野菜置いて帰るみたいな、そういうのが普通だった。土間と上がり框って、プライベートでもなければパブリックでもない、中間地点だったんです。そしてここが、人と人とをつなぐ場所になっていた。鍵のかかる現代のマンションでは、近所のおばちゃんも勝手に入ってきて野菜を置けないですよね。昔はそれが可能だった。そんな風に、住まいに共同体があるのが昔は普通だったんです。昭和の時代に集合住宅がどんどん広がってなくなってきちゃったんだけど、なくなりつつあるなかでもいろんな努力がされていて、「やっぱり住まいに共同体は必要だよね」と思っている人はたくさんいた。典型的なのが住宅公団、いまのURです。住宅公団は、戦後たくさん団地をつくりました。どういう団地かというと、今みたいにエレベーターでフロアごとに切られているんじゃなくて、ふりわけの階段があるんです。このふりわけの階段のことを、かつて住宅公団の用語で「縦長屋」と言ったんです。要するに、長屋が縦になっている。4階に住んでいる人は1階、2階、3階と上がって行きますから、それぞれの家の人たちがどんな家族構成かもわかるし、かならず挨拶する。この縦の階段を、新しい戦後の集合住宅のなかで、共同体みたいなものとしてつくりあげたい、という願いがあったみたいです。

1981年に出た『箱族の街』という、もう絶版になっている本があります。埼玉県の上尾に、70年代に大きな団地が出来て、そこに移り住んだノンフィクション作家が書いた、ドキュメンタリーというかノンフィクションなんですけど、このなかに、引っ越したらいきなりその縦長屋の5階分10世帯が集まって集会をするシーンが出てくる。そのコミュニティに対する期待感というのがあったんですね。でも、こんなコミュニティを無理して作るんだったら、昔の上がり框、土間のある家でいいのでは、と思うのですが、そもそもなぜ集合住宅がこんなに広まったのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジャーナリスト・佐々木俊尚が示す、今とこれからを「ゆるゆる」と生きるための羅針盤

そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚
アノニマ・スタジオ
2016-11-30

この連載について

初回を読む
そして、暮らしは共同体になる。

佐々木俊尚

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの最新刊『そして、暮らしは共同体になる。』がcakesで連載スタート! ミニマリズム、シェア、健康食志向……今、確実に起こりつつある価値観の変化。この流れはどこへ向かうのでしょうか?深い洞察をゆるやかな口...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sakamaru77 プライベートとパブリックの中間空間がコミュニティ形成に効果。「新コモンズ論」とともに大事な点を示唆。> 約3年前 replyretweetfavorite

shonanmanabiya シャッター街を活性化しようという話ではなくて、街を一から創りなおすという時代。 約3年前 replyretweetfavorite

sasakitoshinao プライバシーとパブリックがつながっていた古代・中世のすまいから現在、そして空き家の未来まで、住むことの歴史を俯瞰しつつ語っています。 約3年前 replyretweetfavorite

doraeromon 店やる気ない人が気軽に引っ越せると良い。→ "シャッター街の最大の問題は、借りたい人がいても、大家さんがお年寄り…貸してくれないこと" 約3年前 replyretweetfavorite