レモンとコリアンダーが香る「あさりのブリャオン・パトご飯」

今回の「ポルトガル食堂」は、あさりのうまみに、レモンとコリアンダーの香りが食欲を誘う「あさりのブリャオン・パトご飯」。以前紹介した「あさりのブリャオン・パト風」のあさりのスープで、ご飯を炊き込みます。うまみあふれるこの逸品、ぜひお試しください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

2月も終わり、やっと3月! まだ寒いし春本番ではないけれど、東京にもほんの少しずつ、春がやってきていることを感じる瞬間が増えています。たとえば仕事に向かう朝。自転車をこぎ出して、うっかり手袋をつけ忘れたことに気が付いても、「しまった!」と後悔するほどではなかったり。丸裸だった木の枝の先の方に新しい葉が芽吹きの準備をして、小さくふくらみ始めているのを見つけたり。そんなふうに、地味に嬉しいのが3月の春の兆しです。

そんな春待ちのいまどき、さあ、何を食べよう。まだ寒さも残るこの時期は、旬の素材を使った、でもやっぱりあったかいものが食べたいかな。これから5月まで旬が続く、あさりを使ったごはんものはどうでしょう(ちなみに、以前あさりについてはこちらで旬のことなどご紹介しております)。

あさりはポルトガルでもよく使う素材です。これまでも「豚とあさりのアレンテージョ風」「あさりと豚バラごはん」などをご紹介してきましたが、今回は、以前ご紹介した「あさりのブリャオン・パト風」をごはんものにアレンジします。このあさり料理の味の相棒は、ポルトガルで出番の多いコリアンダー(パクチー、香菜とも呼ぶ)とレモン。コリアンダーのくせのある青さとあさりの旨味、たっぷりのレモンの酸味が合わさって、それはいいソースになるんです。

でも、残念ながらコリアンダーが苦手という方もいますよね(あるいは近所の店にには置いてないとか)。そんな方はいっそ、コリアンダー抜きでシンプルに、あさりとレモンだけでも十分においしい。なぜならこの料理の核になる味はあさりだけでなく、玉ねぎとにんにくのみじん切りをオリーブオイルでしんなりと炒めた香味野菜も旨味になるから。このベースは、イタリアではソフリット、フランスではミルポアなどと呼ばれる、香味野菜をいためて作る野菜ソースのようなもの。ポルトガルでは玉ねぎとにんにく、ときにトマトも入ります。このベースがもうほとんどといっていいぐらい、ポルトガルの様々な料理に使われます。

そういえば以前、ポルトガルの友人に家庭料理のこんな小話を聞きました。

子ども「ねえママ、今日の夕飯なに?」
ママ「(鍋で玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒めながら)まだ決めてないわよー」

何を作るか決めてないけど、とりあえず玉ねぎとにんにくを炒めるお母さん。ポルトガルのキッチンあるあるです。そんなわけで今回は、玉ねぎとにんにくのベースに、野菜とあさりの旨味がたっぷりのごはんの紹介です。

Menu do dia 本日のメニュー

「あさりのブリャオン・パトご飯」

材料(2人分)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつもの食材があっという間に異国の味に。がっつり食べてお腹も満足、なぜだかお酒が止まらない!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rennstars 「ねえママ、今日の夕飯なに?」「(鍋で玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒めながら)まだ決めてないわよー」……ウチでもかなりあるあるだw 玉葱はやらんがニンニク刻んでる段階では何作るか決まってない|・∀・| 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

awajiya [ “子ども「ねえママ、今日の夕飯なに?」 ママ「(鍋で玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒めながら)まだ決めてないわよー」” ] 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Sas26833963 #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

babyloneinblue これ作りたい。てかこのシリーズ全体的にすごく好み…!本になったら買う→ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite