日本の警察

第19回】亀井静香(元警察庁警備局理事官、衆議院議員)インタビュー

「田中角栄の頼みを断った」 警察と政治の微妙な関係

 私は1962年に警察庁に入庁し、20代後半で埼玉県警の捜査二課長になった。とにかく捜査員の士気を高め、当時の東京地検特捜部や警視庁捜査二課にも負けずに事件を挙げたね。でも、やり過ぎて虎の尾を踏んだこともある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本の警察

週刊ダイヤモンド

警察ドラマは、昔からテレビ番組の人気コンテンツ。しかし、脚色されていたり、設定があり得なかったりと実際とは大きく違う。そこで、警察の実態を徹底解説するとともに、警察が持つ“力”の源泉や“経済力”などを多角的に分析、本当の姿を余すところ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません