宇宙掃除

宇宙スタートアップのリスクと風土

インターネットもパソコンもない時代に、日本は世界で4番目に人工衛星の打ち上げに成功しました。そんな華々しい過去を蘇らせる勢いで、近年、盛り上がりを見せている宇宙ベンチャーブーム!
立ち上がった会社の事業は、宇宙ゴミの除去、月探査、地球観測など、分野もさまざま。

日本の宇宙開発の始まり

敗戦しばらくの間、日本では航空に関する開発、産業、教育も学術研究も一切禁止されていた。日本の宇宙産業の第一歩は、1955年の東大・糸川教授の超小型ペンシル・ロケットの水平発射からスタートしている。

日本の宇宙開発・ロケット開発の父、糸川英夫 Wikipediaより

その後、1957年にロシアが国策として世界で初めて人工衛星を打ち上げたのを横目に見ながら、日本も人工衛星開発に乗り出した。

1970年に、日本初の純国産衛星「おおすみ」の打ち上げに成功した。ソ連、アメリカ、フランスに次いで世界で4番目の人工衛星打上げ国になることができた。

日本初の人工衛星 おおすみ Wikipediaより

しかし、最も驚くべきことは、この打上げに使われたのは、日本の国産純正のロケットであったことだ。

「おおすみ」の打上げに使用された国産ロケット 宇宙科学研究所ウェブサイトより

わずか15年でペンシルロケットは宇宙空間に貨物を運ぶ能力と品質まで高められ、その貨物も自国の人工衛星であった。脅威のスピードである。JAXAもない、予算もない、エクセルもWindowsもパソコンもインターネットもない時代に。

今日現在においても、人工衛星保有国こそ60カ国ほどに広がったが、ロケット保有国は10カ国程度である。

イノベーションと言わずして何と言おうか。これが日本がやり遂げた、宇宙産業の華々しいキックスタートである。

宇宙専業会社の不在

ネクタイ専業メーカーというものをあまりみかけないように、日本の宇宙産業というものは、何か別の主軸製品・サービスを持った会社が、あくまでサブの事業として行っている。

三菱電機、三菱重工業、IHI、NECといった日本を代表する宇宙企業も、宇宙事業が売上に占める割合はわずか数%だ。日本の宇宙産業は全体として下降線なので、成長を見込みにくい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙掃除

岡田光信

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信氏。彼が取り組んでいる宇宙のこと、彼が体験しているわくわくするような体験を、エッセイで毎月お伝えしていきます!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません