金融エリートの没落

第11回】 銀行の秩序は崩壊したのに 旧来型思考のままの銀行員

銀行の秩序は崩壊したのに、銀行員たちは旧来の思考から抜け切れていない。歴史的に銀行と銀行員の関係はどう変化したのか。みずほ銀行出身の作家、江上剛氏に聞いた。

江上 剛(えがみ・ごう)/作家
1954年生まれ。77年早稲田大学卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀)入行。97年「第一勧銀総会屋事件」で混乱収拾に尽力。2003年退行。最新刊は『庶務行員 多加賀主水が許さない』(祥伝社)。

 「かつての銀行員は理不尽なことも不平や不満も、全てをのみ込んでやってきた。それは銀行が行員に対して、揺り籠から墓場まで、安定したライフプランが立てられるという見返りを保証していたからだ。大手都市銀行でも、大多数の人は支店で日々同じ仕事の繰り返し。見返りを得るために、ひたすら忍耐の日々を送っていた」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
金融エリートの没落

週刊ダイヤモンド

メガバンク、外資系投資銀行、大手証券──。金融業界のエリートたちが、マイナス金利の導入や相場の低迷による本業の崩壊で右往左往している。金融とテクノロジーの融合で、既存の金融機関の仕事が消滅してしまうリスクも現実味を帯びてきた。加速する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません