センター・オブ・ジ・アイシー・ムーンズ

2016年8月24日の11時45分より、NIAC(NASA Innovative Advanced Concept)に提案して採択されたプロジェクトのプレゼン大会が開催されました!
SFのような、ぶっ飛んだアイディアの実現可能性を探るこのNIACプログラム。今回は、小野さんが提案しているプロジェクト『センター・オブ・ジ・アイシー・ムーンズ』についての概要を紹介!

原文:https://www.nasa.gov/feature/journey-to-the-center-of-icy-moons

ジュールベルヌの古典的SF『地底旅行』(センター・オブ・ジ・アース)といえば、活字を読まない人でも、東京ディズニーシーのアトラクションで馴染みがあるだろう。この小説では、オットー・リンデンブロック教授と仲間たちが科学的調査のためにアイスランドの火山の火口の中へと勇敢に入り、広大な地底の海など様々な驚くべき発見をし、絶体絶命の危機を乗り越えて地上に帰還した。まさにこれは、我々が木星の衛星エウロパや、土星の衛星エンセラドスでしたいと思っていることである。既にドローン潜水艦を用いてこれらの衛星に存在する地底の海を探査するコンセプトは提案されている。しかし、いかにして分厚い氷の層の下に隠された地底の海に到達するかは、まだ未解決の問題である。僕のチームはICE (Icy-moon Cryovolcano Explorer、氷衛星の氷火山探査)と呼ばれるコンセプトを提案し、NASA Innovative Advanced Conceptプログラムに採択され、10万ドル(約1000万円)の研究費を獲得した。これは、まず氷衛星の表面に着陸し、氷火山の火口まで移動したのち、その噴出口の中への入り、科学的調査をし、そして究極的にはドローン潜水艦を放出して地底の海を探査するというコンセプトである。


Credit: NASA/JPL

ICEは3つのモジュールからなる。DM (Descent Module, 下降モジュール)、SM (Surface Module、表面モジュール)、そしてAUV (autonomous underwater vehicle,ドローン潜水艦)である。DMはAUVを持って噴出口の中を下降する。その際、熟練した登山家のように、壁面のクライミング、ケーブルによるぶら下がり、跳躍など、様々な技術を組み合わせる。噴出する超音速の水蒸気のジェットは、密度が非常に低いため、動的圧力(楽観的な見積もりでは1 Pa程度)は下降の妨げにはならない。SMは表面に残り、RTGまたは太陽電池により発電し、また地球への通信を担う。DMはケーブルを介して電力供給と電力と通信をSMに頼ることで、サイズと重量を軽減する。DMは高度な人工知能を搭載し、周期的な噴出などダイナミックに変化する環境に柔軟に適応したり、予期せぬ異常に対処したりする。DMが地底の海に到達すると、AUVを放出し、生命を育んでいる可能性のある地底の海を探検する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙人生—NASAで働く日本人技術者の挑戦

小野雅裕 /小山宙哉

世界で唯一、太陽系の全ての惑星に探査機を送り込んだ機関があります。それは、NASAのJPL(ジェット推進研究所)という組織。そんな宇宙探査の歴史を切り拓いたともいえるJPLで働く技術者・小野雅裕さんが目指すものとはーー。『宇宙兄弟』ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k1rou #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite