300人の子供を一斉去勢!?アレクサンドロスの2人の恋人【中編】

「恋人の太ももに夢中になっている場合ではないですよ」世界を征服した偉大な王は、そう皮肉屋の哲学者から叱られた!?「二つの体に一つの魂」と称されることもあった、大王最愛の恋人の正体とは!? そして、ペルシア征服に湧く大王達の前にあらわれた、謎の美少年宦官の実像に迫る!『劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

ヘファイスティオンの太もも!?

フィリッポス2世が男色の痴情のもつれで横死したため、アレクサンドロスは20歳そこそこで玉座を継ぐことになります。

世間の下馬評では、偉大だった父親には到底及ばないだろうと言われていたのですが、どうしてどうして、あっという間に全ギリシャを席巻して覇権を再掌握すると、父の、いや全ギリシャ人にとっての念願だった、ペルシア遠征に乗り出します。

この時、彼の周囲につき従っていたのが、ヘタイロイ(王の友)と呼ばれる、ほぼ同年代の若い青年将校たちでした。彼らはフィリッポス2世が息子のために、当代第一級の哲学者アリストテレスを招いて作った学校「ミエザ」で、切磋琢磨しあった学友でもあります。

その中には後にエジプトにプトレマイオス王朝を開くことになるプトレマイオスはじめ、世界史に綺羅星のごとく名を連ねる名将たちの若き姿がありました。彼らヘタイロイは呼び名通り、大王の家臣というより友人で、なかでも最も結びつきが強かったと言われるのが、ヘファイスティオンでした。

先生のアリストテレスは二人の交友を見て、

「二つの体に一つの魂」

と言っているほどです。

ヘファイスティオンの顔立ちはアレクサンドロスに似ていましたが、背は彼の方が高く、雄々しさという点では主君より勝っていました。

イッソスの戦いで、アレクサンドロスがペルシア王ダレイオスの家族をとらえた際のエピソードが残っています。

この時、捕虜となった家族のなかにはダレイオスの母親も含まれていて、彼女は大王と対面することになります。しかし、母親は大王の隣にいたヘファイスティオンを王と勘違いして、彼の方にひざまずいてしまいました。

従者に間違いを指摘された母親は慌ててアレクサンドロスに謝罪するのですが、大王は笑ってこう言いました。

「気にしないで。彼もまたアレクサンドロスなのですから」

姿かたちだけでなく、才能も、アレクサンドロスに似ていて、エジプト侵攻の際には海軍を任され、ペルシアとの天下分け目の合戦ともいえるガウガメラの戦いにおいては、騎兵将校として大活躍をしました。

そんな彼と自分の関係を、アレクサンドロスはイリアスにおけるアキレスとパトロクロスに比していたようです。もちろん、アキレスがアレクサンドロス、パトロクロスがヘファイスティオンでした。

そのため、トロイを立ち寄った際には、御神酒を英雄たちの血で濡れた砂浜に注いだ後、自身はアキレスの墓に、ヘファイスティオンはパトロクロスの墓に、花冠を捧げました。

ちなみに、アキレスとパトロクロスがベッドもともにする恋人同士だったというのは、当時のギリシャ世界においては常識的なことでした。そのため、アレクサンドロスが自身とヘファイスティオンを、この古代の二人の英雄に擬したのは、彼ら自身の関係もセクシャルなものであるのを公然と表明したことと同意です。

他にも、二人の交際に関しては、ディオゲネスという哲学者がこんな手紙を大王に送っています。

「あなたが本当によきもの、美しいものを極めたいなら、くだらないことなど打ち捨てて、わたしのところにやってきなさい。ヘファイスティオンの太ももに夢中になっている場合ではないですよ」

男色家は、太ももを使ってセックスすることもよくあったので、ディオゲネスはそれを揶揄したのですね。

ここでちょっと気になるのは、アレクサンドロスとヘファイスティオンのベッド上の役割分担です。

実は、プラトンの饗宴でも指摘されている通り、アキレスとパトロクロスの関係は、本当はアキレスの方が年下で、交情の際は彼の方が受け手でした。

前回書いた、フィリッポス2世とオリュンピアスが息子が女々しくなってしまうのではと懸念したエピソードとあわせて考えると、アレクサンドロスとヘファイスティオンの関係も、大王の方が実は受け手だったのかもしれません。

だとしたら、哲学者ディオゲネスも手紙には「ヘファイスティオンの太もも」ではなく、「アレクサンドロスの太もも」と書くべきだったのかもしれませんね。

ペルシアに勝利した大王の前にあらわれた美少年とは!?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

gyo_q10 「彼の美しさを見て、はじめてアジアの底知れぬ豊饒を知ったのです。」 昨日ぽちりかかったのはこれです。書籍化ありがたい…(限りなく買いそう) https://t.co/U6oux8jUsO 3年弱前 replyretweetfavorite

hayumakurosawa 記事更新しました! 今回はヘファイスティオンの太もも、王たちのベッドを渡り歩いた謎の美少年宦官、そして、300人の子供が一斉に去勢されそうになった事件とは!?など、盛りだくさんの内容になっています♪ https://t.co/anYv71Jgp6 3年弱前 replyretweetfavorite