チェスよりも将棋のほうが難しい」は本当か?

現在、将棋AIは人間のトッププロに匹敵するほど強くなりましたが、実はチェスの世界では1997年時点ですでにAIが人間の世界チャンピオンを破っています。一見似たような将棋とチェスですが、なぜこのような差が開いてしまったのでしょうか。

 将棋AIがチェスのAIに遅れること20年、ようやく人間のトッププロに渡り合えるようになりました。この時間差の理由について、多くの人が「チェスよりも将棋のほうが難しいから」と答えるでしょう。それはある意味、正しいです。

 ただし、その文脈でよく聞かれる言説に、「将棋はチェスよりも存在可能な局面が多いから難しい」というのがあります。人工知能の専門家ですら、こういったことを言う人が多くいます。

 この説は高い確率で誤解を含んでいますし、オブラートに包まずに言うと、間違っています。どこが間違っているのでしょうか。

 将棋がチェスに比べて、存在できる可能性のある局面の数が多いのは間違いありません。

 想定される数には研究者によってバラツキがあるので明言は避けますが、とてつもなく大きい数だと思っていただいて大丈夫です。

 どれくらい大きな数かといえば、まずチェスですら、1秒間に2億局面読めるプログラムが、宇宙開闢(かいびゃく)から現在までの100億年のあいだ探索を続けても読みきれません。そして将棋はさらにその上を行くのです。

 私は仕事柄、「ポナンザが将棋の名人を倒したら、次は将棋の完全解析に進むのですか?」とよく聞かれるのですが、ちょっと返事に困ります。

 完全解析というのは文字どおり、すべての答えがわかっているという状態です。ある局面でどんな手を指せばベストなのかがわかるだけでなく、ゲームのスタート前に、先手が勝つか、後手が勝つか、引き分けになるのかがわかっているということになります。

 しかし将棋というゲームは、皆さんの想像をはるかに超えて奥が深いのです。現在のコンピュータでは、宇宙の年齢の10の100乗倍の時間があったとしても、とうてい読みきれるものではありません。これはアルゴリズムがどれほど進化しても解決しないでしょう。

 先ほどの言葉、「将棋はチェスよりも存在可能な局面が多いから難しい」というのが、「(完全解析するのが)難しい」という意味なら正しいのですが、この質問の意味は「(人間のトップに勝つのは)難しい」という意味ですよね。まずはここまで皆さんと前提を共有できればと思います。

 ちなみに、現在のところ、まだオセロですら完全解析はできていません。あのシンプルなゲームですらそうなのですから、完全解析というのがいかに難しいのか、想像してもらえると思います。

図1−9 各ゲームの局面の数(諸説ありますが通常言われる数字です)

コンピュータにとって将棋が難しい理由
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人工知能はどのようにして「名人」を超えるのか?

山本一成

2016年、電王戦で5戦全勝した将棋AIポナンザ。開発者である山本一成さんは「知能とは何か?」「知性とは何か?」ということを何度も自問することになったそうです。そうすることで、逆に人間の知能がクリアに見えてきたと言います。この思考の結...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nak_student チェスと将棋の「ゲーム性」「ルール」が異なることが、コンピュータソフトの向上の時間差に繋がっているんですね。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

RB31gencopa 「将棋AIがチェスのAIに遅れること20年、ようやく人間のトッププロに渡り合えるようになり・・この時間差の理由について、・・「将棋はチェスよりも存在可能な局面が多いから難しい」というのがあります。」・・この説は・・間違っています。」https://t.co/5hbwMDFPSJ 5ヶ月前 replyretweetfavorite

toripan2 第五回。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

nazenazeboy "しかしプログラマたちは将棋がどういうものであるか、うまくコンピュータには伝えられませんでしたし、それは今後も永遠に成功しないでしょう。 ではプログラマたちは、どのようにコンピュータを強くしたのでしょうか?" 6ヶ月前 replyretweetfavorite