東京タラレバ娘・磯野貴理子

リアルなアラサ―女子の恋愛関係のすったもんだを描き、大きな反響を呼んでいる『東京タラレバ娘』。そして、磯野貴理子、森尾由美、松居直美の三人組が、不平不満が書かれたハガキを読んでグダグダおしゃべりをするだけの長寿番組『早く起きた朝は…』。ひたすら「タラレバ」で話し続ける二つの番組の共通点について、武田砂鉄さんならではの視点から切り込みます。

吉高由里子・榮倉奈々・大島優子・磯野貴理子・森尾由美・松居直美

吉高由里子・榮倉奈々・大島優子によるドラマ『東京タラレバ娘』を毎週観ているが、毎回必ず盛り込まれるのが、大島優子演じる小雪が父親と切り盛りしている呑み屋「呑んべえ」に集ったそれぞれが三者三様の愚痴や自惚れを漏らすシーン。「タラレバ」とは、「キレイになったら~」や「好きになれれば~」などと仮定の話で盛り上がり続ける様子を指すが、そのシーンを見ながら、1994年から四半世紀近くにわたって続いている磯野貴理子・森尾由美・松居直美による番組『はやく起きた朝は…』(2003年までは『おそく起きた朝は…』、05年までは『おそく起きた昼は…』)を思い出したのである。

『東京タラレバ娘』の3人が討議していることの大半は、『はやく起きた朝は…』の3人によって既に討議されている。現在では日曜朝6時半から放送されているこの番組、見たことのない人のために説明しておくと、磯野貴理子・森尾由美・松居直美の3人が雑談し、読者からのハガキ(メールではなくハガキのみ)を読み上げながら喋るだけの番組である。番組の最後に視聴者からのハガキを募るのだが、そこに記される告知文は「不平・不満・グチ・つぶやき写真大募集」である。不平・不満・グチを受け付けるものの、懸命に解消法を探るわけでもなく、それこそ「タラレバ」話で盛り上がっていく。死ぬ前に食べたいのは餃子だけど、もしも水餃子を持ってこられたら下唇を噛んで生き延びてやる、と磯野が力説する番組なのだ。

より壮大な「タラレバ」

『東京タラレバ娘』では、恋愛や結婚観についての失敗と妄想が折り重なっていく。『タラレバ』の3人は「東京五輪までに結婚して子供を産む」という目標を立てているが、『はや朝』の森尾由美は「私の未来予想」とのパネルを使い、将来の目標を公言していた。30代で男の子を出産、40代には主人と旅行、50代には旅行経験を活かし絵本を出版、60代の健康法はエアロビクス、70代で助演女優賞……このように、より壮大な「タラレバ」で盛り上がっている。21世紀の抱負をパネルに記すように言われた磯野貴理子は「婿」(が欲しい)と宣言したし、ひつじ年にちなんで「ひ・つ・じ」で作文を書くコーナーを設ければ、松居直美は「ひとしれず・つんくと・じょいんとしてみたい」と書いた。何かとハイレベルなのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版決定! 益田ミリさんとの共著が発売中!!

せいのめざめ

--- - 益田 ミリ - 武田 砂鉄
河出書房新社
2017-01-25

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reonarl ずいぶん貴理子への愛が語られていてほっこりしたw それにしてもまだやってるんだね、あの番組~ https://t.co/ZuRXErx0cJ 4ヶ月前 replyretweetfavorite