音楽不況を疑うことからすべてははじまった

音楽不況って本当なの? 率直な疑問からはじまった本の構想、そして徹底取材。これからどんな時代がやってくるのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します。

おわりに

 今の日本の音楽シーンは、とても面白い。

 そういう素直な実感から本書の構想は始まった。10年代に入って、確実にそれ以前とは違う状況が訪れている。アーティストたちは百花繚乱の活躍を見せているし、ビジネスとしてもようやく低迷期を脱しようとしている。日々の取材の中でその確信は強まっていた。

 なのに、いわゆる音楽業界について語られる言葉は、いまだ旧態依然としたものばかりに思えた。CDが売れない。配信もパッとしない。先行きは閉塞感に包まれている……。

 「本当にそうなの?」という率直な疑問があった。ライブ市場の活況は伝えられるものの、それが本当に意味すること、その先にあるものは語られていないとも感じていた。

 だから、実のところ、最初は「J-POPの未来」とか「ポップ・ミュージック未来論」みたいな、もっとポジティブな言葉を書名にするつもりだった。
 成立しなくなったのは複製品を大量生産するかつてのビジネスモデルとゴリ押し的なヒットの方法論だけで、この先は、各地に点在する〝熱気〟に価値がある時代がやってくる──そんなことを書こうと思っていた。

 が、「それって『ヒットの崩壊』ということですよね」という指摘を編集の方からいただいたことで、書くべきことが一気にクリアになった。「ヒット」という得体の知れない現象について、しっかりと向き合って考えるきっかけが生まれた。そこから本書の全体像がまとまっていった。

 2016年は、おそらく後から振り返ったときに、日本の音楽シーンの「時代の変わり目」として思い出される年になるのではないかと思っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

エンタメ業界を一変させた「ヒットの方程式」とは

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

msk3345 {コラム}エンタメ業界が避けて通れない「新たなせめぎ合い」 https://t.co/Y02RcsDZNM 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tks564bys0000 【コラム】 エンタメ業界が避けて通れない「新たなせめぎ合い」 https://t.co/fthYsCtrGe 3ヶ月前 replyretweetfavorite

wol564b =コラム= エンタメ業界が避けて通れない「新たなせめぎ合い」 https://t.co/8BgkYyyAnv 3ヶ月前 replyretweetfavorite

pek5845 -コラム- エンタメ業界が避けて通れない「新たなせめぎ合い」 https://t.co/Uauokm3U02 3ヶ月前 replyretweetfavorite