​小室哲哉は「音楽の未来」をどう見ているのか

世界のエンタテインメント産業の趨勢は「ロングテールとモンスターヘッドが二極化した状況」に向かっています。こうした未来を小室哲哉さんとunBORDEレーベルヘッドの鈴木竜馬さんはどう見ているのでしょうか?
音楽ジャーナリスト・柴那典さんがその実情と未来への指針を解き明かす話題書『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)。その内容を特別掲載します(毎週火曜・木曜更新)。

小室哲哉が見出す「音楽の未来」

 世界のエンタテインメント産業の趨勢は「ロングテールとモンスターヘッドが二極化した状況」に向かっている。グローバルなポップ・ミュージックの市場は、無数のニッチと、ごく一部の突出したメガヒットとの両極に分断されつつある。ストリーミング配信とSNSの普及がそれを加速していく。

 こうした未来をどう思うか。ポップ・ミュージックの先行きをどう捉えているか。本書のインタビューに登場してもらった小室哲哉、水野良樹、unBORDEレーベルヘッドの鈴木竜馬の3名に尋ねた。

 小室は、アデル『25』が世界中で記録的なヒットとなったことについて「音楽の未来への明るい材料だと思います」と語る。そして、その成功の理由を「圧倒的な歌唱力にある」と分析。数十億人に一人のレベルの才能が世界的な成功を収める時代になってきているということを、ポジティブに捉えている。


(PHOTO: Getty Images)

 「全世界の音楽業界という意味では、アデルのような存在が光明になっていると思います。音楽の力だけでたくさんの人々に『なんだかわからないけど、すごい』と言わせられるかどうか。
 歌唱力だけじゃなくてもいいんです。ジェイ・Zやエミネムにしても、圧倒的な迫力がある。そういうカリスマ性を持っている人は、やはりこの先の音楽業界にとって明るい兆しとなってくれるんじゃないかと思います」

 ただ、日本の音楽シーンからそういった世界的なカリスマを生み出すのは現時点では難しい。そのためにも学ぶべきことは多いと小室は言う。

 「やっぱり向こうの人たちを見習うということは大事だと思います。K-POPの担い手にも見習わなきゃいけないことがたくさんある。彼らは英語力もあるし、ハリウッドやニューヨークのエンタテインメントを死ぬほど勉強していますから」

 巨大な才能の持ち主が「圧倒的勝者」となる。日本のポップ・ミュージックにおいてもそういった未来が訪れるというのが、小室の見方だ。

 「僕らがしなければいけないのは、なんとかして原石を見つけるという作業だと思います。僕も日々、それをやり続けている。才能を見つけて、育てていきたいですね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ネットとSNSが普及した時代の「勝ち方」とは?

この連載について

初回を読む
ヒットの崩壊

柴那典

「心のベストテン」でもおなじみ音楽ジャーナリスト・柴那典さん。新刊『ヒットの崩壊』では、アーティスト、プロデューサー、ヒットチャート、レーベル、プロダクション、テレビ、カラオケ……あらゆる角度から「激変する音楽業界」と「新しいヒットの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

komachibypass "「嗜好性だけで考えるのは危険ですね。労力は掛かるけど売れない、ということをたくさんやってもしょうがない。そこに甘えがあると、..." https://t.co/L0c4AsSBC3 https://t.co/1svUaxBLQW #highlite 1年以上前 replyretweetfavorite

tks564bys0000 【コラム】 小室哲哉は「音楽の未来」をどう見ているのか https://t.co/6W8MSsSJeN 1年以上前 replyretweetfavorite

wol564b =コラム= 小室哲哉は「音楽の未来」をどう見ているのか https://t.co/yANc7FzFBb 1年以上前 replyretweetfavorite

pek5845 -コラム- 小室哲哉は「音楽の未来」をどう見ているのか https://t.co/PcvfMCTkNT 1年以上前 replyretweetfavorite