体にスルスルおさまる、春のやさしい中華スープ

春もようやく近づいてきました。今回の主役は、今が旬のにら。この時期のにらは独特の臭みもおだやかです。中華などでおなじみのパンチのある風味と異なる、爽やかで繊細な味わいのスープをご紹介します。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

やわらかく香り高い春のにらを、中華のスープでどうぞ。

にら、しょうが、ごま油、それに唐辛子。定番の中華素材ですが、中華料理屋でよく出会うようなパンチの効いた味ではありません。舌から喉へとなめらかにすべり落ちていく、繊細でやさしい味わいのスープを作ります。

主役は、にら。にらの旬は、春です。年中出回るにらも、この季節はみずみずしくやわらかく、独特の臭みもおだやかで、たっぷり食べるのに適しています。しょうがや豚ひき肉など強い味になりがちな素材も使いますが、それらをにらの風味をうまく引き立てるように使います。

油、素材、調味料の順番が特徴的なので、まずレシピで手順を確認してくださいね。

にらとしょうが、豚ひき肉のスープ

材料(2〜3人分)
所要時間 約15分

にら1束(約100g)
豚ひき肉 80〜100g
しょうが 1かけ(10〜15g)
赤唐辛子 1/2本(刻んだものでもOK)
塩 小さじ1
片栗粉 大さじ1
ごま油 少々
水 500mL

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mitsuparabbit お野菜が届く金曜日、箱の中身を見ながら何をどの順で使うかと…今晩はまずこれかなあ → 4ヶ月前 replyretweetfavorite

koro_yuu @snowman_mam 有賀さんの本持ってるよ〜。疲れてる時にスープに野菜もりもり入れて食べたくて。塩の使い方が好きなんだよね。 手順は有料なんだけど💦材料はcakesに載ってたよ。 https://t.co/5tSn6qk6sl 5ヶ月前 replyretweetfavorite

mitsuparabbit 野菜ボックスのにらをとっとと使う!というのが本日の命題でした。にらをもうちょい細かく切ればなお良かったのかもだけど美味しかった! → 7ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorun6 エビにらスープは、こちらのアレンジ版です! 8ヶ月前 replyretweetfavorite