僕にそっと紙片を手渡してきた女子生徒

都内の某私立高校で教師をしている30歳前半の海老原さんが、学校内で起こるさまざまな出来事を綴っていく本連載。今回はとある女子生徒から、そっと紙片を手渡されたときのお話です。「男性教師にありがちと世間では噂される、『告白』か!?」と胸がざわついた海老原さんでしたが、果たしてその紙片にはどんなことが書かれていたのでしょうか?

もしや愛の告白!?

家庭の悩みがない高校生は、ほとんどいない。その悩みに、偏差値や学力は関係ない。僕も中高生の頃、(あくまで精神面での)「父親殺し」を胸に引きずりながら日々を送ったことがある。

去年の秋、ちょうど文化祭が終わって、教室の雰囲気がだらんとしていた時分。高2の授業を終えて廊下を歩いてると、教室から女子生徒が出てきて、僕にそっと紙片を手渡した。彼女は「よろしくお願いします」と口早に伝え、もどった。

告白!?

もう30をゆうに超えてる僕……。20代半ばの男性新卒教師のもとへは、授業の質問との名目で、女子生徒がニコニコしながらおしゃべりにやってくる。バレンタインデーも、甘いお菓子がどっさり!

一方、呼んでもないのに僕のところへ近寄ってくるのは、うるさくてお調子者の部活系男子や、「そのキモいガラのTシャツ、どこで売ってるんですか?」とか聞いてくる、ひと筋縄ではいかない系女子。

けれど、そっと紙片を渡してきた生徒は、静かめの女子だった。いよいよ、男性教師にありがちと世間では噂される、「告白」か!? そう胸がざわついたのだった。

家のことで悩みがあります。担任の先生には内緒で、相談にのってください。

紙片にはそうあった。浮ついていた自分を心から恥じた。

彼女の担任ではない僕が相談を受けていいものか……

彼女のクラス担任は、女性のS先生。厳しいながらも、指導力に定評がある。できが悪かったり、ひねくれたりする生徒にも変わりなく厳しい。けど、職員室でのS先生はほとんど生徒の話ばかりしていて、どれだけ生徒に関心を払っているか、よくわかった。

それだけに、僕は迷った。担任じゃないクラスの生徒と、廊下での会話を超えたレベルの面談をやっていいものか。しかも担任のS先生には内緒で。

生徒からして同性の先生には伝えにくい、あるいは担任を敬遠したくなるケースはある。そのことはよくわかっていた。しかし、担任教師の責任とプライドは大きいものだ。クラスの面倒は自分で見るべきだと思う教師が多いし、学校からもそうするよう期待されている。

もしこの面談がS先生にばれたとき、メンツをつぶされた先生と僕の関係は気まずくなるんじゃないか。新米教師の僕は、どうしてもこのことが心配だった。

考えあぐねた僕は、信頼する先輩男性教師に相談した。ややあって、彼はこうアドバイスしてくれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
教室では言えない、高校教師の胸の内

海老原ヤマト

一般企業に就職した後、私立高校で先生をすることになった30代前半の新米教師が、学校内で起こるさまざまな出来事を綴っていきます。教室や職員室での悲喜こもごも、そして生徒の言葉から見えてくる、リアルな教育現場とは?

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sakutashiryou |海老原ヤマト|教室では言えない、高校教師の胸の内 (´-`).。oO(ワシが苦手な人、いろいろスンマセン)https://t.co/Jmv13mXU3q 3年弱前 replyretweetfavorite

purple_and_p よい話でした 3年弱前 replyretweetfavorite

bear_yoshi 「その先輩がいうとおり、学校の教師には大ざっぱな住み分け(分業)がある。それぞれの教師には、接するのが得意な生徒のタイプがあるのだ(えこひいきとはちがう)。」 / 海老原ヤマト| 3年弱前 replyretweetfavorite

feilong 1件のコメント https://t.co/qLLhvUzAed 3年弱前 replyretweetfavorite